« Residential and shop building 6 | トップページ | RhB快走 »

オハ31 26

KATOから鉄道博物館展示車両としてのオハ31が発売になりました。

パッケージにも展示車両であることが明記されています。
Dsc09782
製品番号は5001-9 商品名 オハ31 26
となりのイラストは、C57とクハ481でしょうか。


本体の方は、塗装と標記のみの変更(クリックすると大きな写真が見られます。)
Dsc09786
昭和34年までのぶどう色1号に三等標記、所属は東トウ
展示車両の模型化だけあって、運用車両ではありえない滅多にお目にかかれなかった全検出場直後を思わせるつやの良さです。


オハ31だけあっても仕方がありませんが、
鉄道博物館に展示された主だった車両は製品化しているKATOですから、
続けてC57とかクハ481,455,181、ナハネフ22などを展示車両と銘打って売り出したら面白いですね。
プラレールの二番煎じではありますが・・・・

|

« Residential and shop building 6 | トップページ | RhB快走 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私も買ってきました。
細かいレタリングは魅力的です。つやがあるおかげで、列をなすリベットもいっそう印象的になった気がします。
でも、このつやはどうやって解釈すればいいのでしょうかね?
現実にはなかったであろう車両更新工事の出場車とでも考えればいいのでしょうか?

投稿: とりのさんぽ | 2008年4月25日 (金) 午後 11時25分

こんにちは。

そうですね。細かいレタリングも秀逸ですね。

つやについては、全検出場直後と解釈するしかないようです。

すぐにつや消しになってしまう旧型車両ですが、出場直後はつやありの塗料でピカピカでした。

一度全検出たてのワム50000を見たことがありましたが、クラシカルな車体がピカピカ輝いているのは、何か異様でした。

投稿: e231green | 2008年4月26日 (土) 午後 05時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/40990280

この記事へのトラックバック一覧です: オハ31 26:

« Residential and shop building 6 | トップページ | RhB快走 »