« 2両目がきましたが | トップページ | Residential and shop building 2 »

Residential and shop building 1

Dsc09647
POLAのResidential and shop buildingのキットを組み立てます。
日本語にしてしまうと住居兼店舗ですが、日本語から連想する建物とは優雅さが違いますね。
文化の違いでしょうか。

この箱自体が65×45×15センチの大きさ。ちょっとしたNゲージレイアウト並。
完成すると横48センチ、奥行き32.5センチ、高さ47センチになります。
これまで組み立てた建物の中で一番大きなもので、プラスティックカバーのままになっている接続ボックス隠すのに十分な大きさです。
 
 
Dsc09648
箱を開けてみました。ランナーが無造作に入れられています。
輸送中乱暴に扱われるのか、細かい部品のいくつかは、ランナーからちぎれて散乱しているのが普通。
箱を振ると千切れた部品が転がる音がします。

万一破損していたとしても部品自体が大きいですからなんとかなります。
それほど心配はいりません。
 
 
Dsc09656
組立説明書です。
これだけ大きなキットになると説明書も立派です。
説明書は写真中心なので安心。
辞書片手に模型工作なんてぞっとしません。

Dsc09649
ショーウインドーは灯がつくようになっていますが、肝心の展示品は写真を貼り付けるだけ!
遠くから見るだけですから、これで十分なのでしょう。
 
Dsc09650
 
Dsc09651
 
Dsc09652
壁と壁は、接続部品をしっかり接着し、ピンを通して固定します。
アルペンハウスのときもこの方式でしたが、案外しっかりしたつくりになります。
 
Dsc09653
壁や屋根の組み立ては、接着剤をたっぷり流しておかないと、夏の日差しにさられて分解してしまうかもしれません。時間をかけなければならなそうなところです。

Dsc09654

Dsc09655


これから少しずつ組み立てていきますので、ときどき途中経過をアップすることになると思います。

|

« 2両目がきましたが | トップページ | Residential and shop building 2 »

270 庭園鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/40837598

この記事へのトラックバック一覧です: Residential and shop building 1:

« 2両目がきましたが | トップページ | Residential and shop building 2 »