« 配線の整理 | トップページ | 街灯用電球 »

189系国鉄色とEF63

KATOから、EF63 2次型と189系国鉄色が発売になりました。
Dsc09850

EF63は、基本的には1次型と同じのようです。
Dsc09841
Dsc09840
細部を見回すと、テールライトの形状、避雷器の取付位置、乗務員ドア下端の鍵外しの形状、スカート右側の何らかの蓋の有無が異なっていました。まだあるかもしれません。


189系は、183系1000番台をベースにした製品のようですが、最近の製品だけあって細部にも手が加わってます。

屋根色は、489系白山と同様にグレー一色。
Dsc09849
サボ類は印刷済み。ちなみに行き先は長野です。
シールは入っていません。
私なんぞは、何か書いてあればそれで満足ですので、シールを貼る手間が省けたと喜んでいますが、こだわる方はどこかで行き先シールを調達しなくてはいけません。メーカーとしても難しいところでしょう。

Dsc09848


ヘッドマークは、あさまとそよかぜで、文字のものとイラストのものがそれぞれ入っています。
53年10月改正前が文字、それ以降がイラストになります。

189系は高崎線にはなくてはならない系列。
この勢いで169系も是非製品化していただきたいものです。

|

« 配線の整理 | トップページ | 街灯用電球 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

先日はどうもでした。
183-1000「とき」編成と比べましたがまるで別製品となっていますね。
DCC対応の為全車の床板が新規になりましたが、モータ車がモハ183になったのは嬉しいところです。
(床下機器が少ないモハ182がM車だとシルエットが良くないので)
細かいところではイスも485用流用のモハだけ逆向きが直っていますね。

クハ189のカプラーは2両ともTNに交換の予定です。仕方ないですが500番台のスカートも欠けているので交換しようかと。
(クモハ157よりはましですけどね)

昔改造したクハ180のそよかぜ編成があるので、文字「あさま」にします。昭和50年代の雰囲気ですね!

投稿: odakyufan | 2008年5月 7日 (水) 午後 06時24分

訂正です。
モハ188を182、モハ189を183と間違えています。
全車の床板が新規となりボディ取り付け互換性が無いのですが、
床下機器のモールド自体はクハ以外流用となっていますので見た目は変わっていませんね。

それと先ほど気づいたことですが、運転台下の乗務員扉がシースルーとなっています!
やれば出来るじゃんKATO。

投稿: odakyufan | 2008年5月 7日 (水) 午後 09時57分

odakyufanさん、こんにちは

なるほど、183系1000番台とは別物なんですね。

まだ走らせてませんが、EF63とのスピードの違いはどうでしょう。489と同じでしょうか。

やはりモハ189のトレーラー床板購入は頭に入れておいたほうが良いかな?

またコメントお願いします。

投稿: e231green | 2008年5月 8日 (木) 午前 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/41069841

この記事へのトラックバック一覧です: 189系国鉄色とEF63:

« 配線の整理 | トップページ | 街灯用電球 »