« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

鉄コレ第7弾

新発売の鉄コレ第7弾。

西武451系
大井川鉄道1000系
南海1521系の3種類
今回は、ノーマルコンプリート

シークレットは、湘南顔の西武のクハ1660とか。
クモハ451と組めるのであれば、欲しくなります。

出来は上々。塗装は綺麗ですし、サッシも繊細に表現されてます。
ガーランドベンチレータが屋根と一体なのは止むをえないところでしょう。

西武451系と大井川1000系を動力化しましたが、パンタが手に入らず。
西武のみ手持ちのパーツに交換し、あとは入荷まち。

ただ、困ったことにパンタがたためないと、普通のケースに入らない。
早く交換したいところです。

鉄コレモジュールにのせて記念撮影です。
Dsc00107

Dsc00108

Dsc00109

Dsc00110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

綾瀬川断層

今日発売の週間ポスト

岩手宮城内陸地震から間もないだけに、断層の記事が載ってました。

その断層が家の近くを通っているというからびっくり。

関東では、相模湾を震源とする大地震は注目されてますが、埼玉が震源というのは聞いたことがない。

どこに断層があるのかと図をみると、

Dsc00106
上越新幹線の西側に描かれている。

これだと、家から2キロ程度のところ。

こりゃ大変だと調べてみたら、

綾瀬川断層が最近動いたのは、6300~2500年前、1万年とかそれ以上の周期で動くとか動かないとか・・・・・

しかも、ネットに公開された地図では、新幹線の東側に断層がある。

ポストさん、しっかり調べてくださいよ。


まあ、綾瀬川断層も、ほんとに動いたら大変なことになるんでしょうけど、何万年に1度の地震にびくびくしても仕方がない。

この前テレビに出てた地震学者が言ってました。

どんな大地震でも、建物が壊れるほど揺れるのは10秒くらい。

その間壊れないだけの補強ができていれば、それほど恐れる必要はないと。


備えを怠ってはいけませんが、あんまり神経質になる必要もないということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

HO 183系1000番台 その2

昨日は、先頭部にのみスポットをあてましたが、良いところもたくさんある183系ですので、今日はそのご紹介。

Dsc00082
乗務員扉横と屋根上の手すりとサボ受け。
手すりは、このほか妻板にもつきますが、見苦しくない太さで十分な強度を持たせているようです。
TOMIX485系では、凸モールドのみで表現されていますので、その差は歴然です。
サボ受けも実物の形状を表現してると思います。これはサボを丁寧に貼らないとばちがあたりそうです。

Dsc00084
車内の座席は1個ずつ独立してます。
したがって、
Dsc00090
このように、先頭車の一方の座席を後ろ向きにそろえることはもちろん、一部をボックス席にすることも可能です。
ここまでできるとなれば、是非乗客を乗せたいですね。
トミーテックさんからHO版の人間シリーズを出してくれないでしょうか。

Dsc00086
モハ182のパンタグラフです。なかなか良い形をしています。
ちょっと残念なのは、塗装されていないのでプラの質感丸出しなこと。
せめてシューくらいはなんとかしたいものです。

Dsc00087
連結面はこの狭さ、十分合格レベルです。

Dsc00088
室内灯は白色LEDのものが標準装備。
テールライトもきれいです。

Dsc00089
前照灯はやや緑がかっています。実車は、円筒状のライトケースの少し奥まったところに電球がありますので、ちょっと印象がちがいますね。


このように、けっこう完成度の高いモデルです。
先頭部も、走ってしまえばあまり気にはならないでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

HOゲージ 183系1000番台

製品化は発表されていたものの、まだまだ先の発売だと思っていた183系1000番台。

先日発売となりました。

最初に見たときの印象は、先頭部の丸みが足りないのでは?

そこで、Nゲージの189系、HOのクハ481-300と比べてみました。

Dsc00064
前方から見ますと、丸みについては違和感はありません。
が、183系はライトケースが大きすぎ、485系は小さすぎる気がします。
計測したわけではありませんので、印象に過ぎませんが。

Dsc00063
斜め上から見ますと、若干丸みが足りないように見えます。

Dsc00078
ぶれた写真で失礼します。
右がクハ481、左がクハ183。
ライトケース付近の丸みは、クハ481の方が大きいですね。

Dsc00075
485系と183系ではカーブが違うのかもしれませんので、Nのクハ189で比較です。
クハ189は、15Cmほど高いところに置いて、見た目、両車の大きさが同じになるように撮影してみました。

やはり、クハ189のライトケース付近が丸みがありますね。
丸みが足りないというのは、目の錯覚というわけではなさそうです。

さすがに車両の先頭部は気になります。

他の細かい部分は精巧に出来ています。
その心意気を先頭部に回して欲しかった。

他の部分の感想についてはまた後日。


続く

| | コメント (4) | トラックバック (0)

狭小住宅

トミーテックから半月ほど前に発売となった狭小住宅です。
一箱に2棟入って980円で、A Bの2タイプあります。

箱を開けるとこんな具合。
Dsc00041

街並みコレクション以来のパッケージ方法です。

組み立ては、特に難しい点も無く、パーツ同士のあいも良い方だと思います。
今のところパーツの反りもありません。

1棟あたり5分くらいで、問題なく組み立てられました。
Dsc00043

ちょっと悩んでしまうのが、建物の並べ方。
Dsc00044
狭小住宅Aは、窓の配置からして、白い方の建物の面が南東側で、緑の方の建物の面が北西側でしょうね。

製品の箱ではこういう風に並べてあります。
Dsc00046

しかし、これでは白い方の建物の2階の窓が緑の建物の陰になってしまいます。


むしろ、駐車場スペースを家と家の間にとって、こういう風に置くと、
Dsc00047
白い方の建物の2階にも日が入るのですが、

1階に駐車場スペースがあるのに、家の間に車を置くというのも間抜けですね。
Dsc00048

私の家の近くでは、ここまでの狭小住宅は見かけませんが、東京へ行くと採光は関係なく、建ててしまうのでしょうか。

ちなみにBの方も同じ問題があります。
Dsc00045


| | コメント (2) | トラックバック (0)

鉄コレモジュール0.8

Gゲージの建物が片付いて、遊ぶスペースが出来たので、鉄コレモジュールを引っ張り出しました。

エンドレスに待避線が1本あるだけの線路配置ですが、けっこう楽しめます。

鉄コレモジュールは8番目で放置状態ですが、こうやって遊ぶと手をつけようかという気持ちが湧いてきます。

Dsc00032

Dsc00033

Dsc00035

Dsc00036

Dsc00037

Dsc00038


メニューへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HO KATO C56

マイクロエースからHO183系発売がアナウンスされました。
まだまだ先だろうと思っていましたのに、いきなり10日後に発売と知らされ、
資金繰りにおおわらわです。

このオークションは終了しました。

さて、久しぶりのオークションは、KATOのC56です。

2000年1月の購入ですが、数回走らせた程度で、ずっと箱に入れて保管していたものです。
パーツ類はナンバープレートも含めて未使用。
走行は低速からスムースで、前照灯も問題なく点灯しました。

Dsc00026

Dsc00029

Dsc00030


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Residential and shop building 13

ようやく完成しました。

前回作成した小パーツを屋根に取り付け、室内灯用の梁を取り付けます。
Dsc00022

夜になって室内灯が点灯したところで、撮影しました。
Dsc00023

Dsc00024

出来上がっての感想。

やっと部屋が片付いた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Residential and shop building 12

ここ数日、更新しませんでしたが、ちまちまと小物を作成しておりました。

屋根に付く煙突とか、天窓とか、窓辺につけるプランターとかです。

Dsc00018

Dsc00019


Dsc00021


いよいよ、完成が近づいてきました。

これらの部品を付け、室内灯の配線ができたら、いよいよ庭に設置です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Residential and shop building 11

今日は、屋根を組み立てました。

室内に飾るストラクチャーと違い、雨風にさらされるGゲージの建物は屋根が屋根として機能しなくてはなりません。
接着剤をたっぷりと流して、雨漏りのしないよう、接着です。

Dsc00015

Dsc00016


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Residential and shop building 10

2階の壁を箱状にし、1階の上に載せて、ようやく建物の風体をなしてきました。

Dsc00010

Dsc00013


次は屋根を取り付けます。
屋根が終われば完成間近。
庭に設置する日も、そう遠くなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Residential and shop building 9

本日も、Gゲージの建物建設

いよいよ2階の壁面が完成しました。

壁面裏側の固定パーツが完全に接着されましたら、2階を組み立て、1階と組み合わせて、建物の主要部分が完成することになります。

Dsc00006
まずは、昨日作ったバルコニーを妻板に接着

Dsc00007
壁の窓と漆喰部分を用意し、接着剤を流します。

Dsc00008
白いパーツが、壁面を固定するパーツです。

Dsc00009


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Residential and shop building 8

1ヶ月放置してしまったGゲージのビルディングです。

バルコニーの組立から再開です。

Dsc00002
床と柵の部分。これでも15のパーツからなっています。


Dsc00003


Dsc00004
柵の上のプランターの部分。


Dsc00005
プランターとバルコニー本体を接着してできあがり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道復権の兆し?

ガソリンがリッター170円になりましたね。
2年前に四国に行ったとき、140円超の値段にびっくりしてましたが、今では地元でもこの値段では買えない。

もう車で帰省はできません。
片道1100キロ。リッター10キロ走っても、110リッター消費します。
110リッター×170円=18,700円 高速代が22,000円くらい。
片道合計 40,000円超

飛行機+鉄道+レンタカーの方がよっぽど安くて快適です。


飛行機運賃も、これから上がるでしょうね。


となってくると、相対的に鉄道が有利。

ひょっとすると、夜行列車が復権するなんてこともあるかもしれません。


復活するのであれば、カシオペアみたいな豪華寝台列車と

リクライニングシートオンリーみたいな廉価版の2本建てでお願いしたい。


24系みたいな、中途半端な車両では魅力を感じません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から6月

今日から6月です。

思えば5月はオークション月間。
更新した記事のほとんどがオークションでした。

オークションに走った原因は、
 Gゲージの代金確保
というのもありますが、
 模型を小屋裏に収める
というのが主たるもの

ここ10年の業界の隆盛は目を見張るものがあり、
毎月発売される新製品

ひとつやふたつは欲しい物があるもので、
コレクションは小屋裏からあふれ、書斎へ寝室へ


来年には子供が小学校へ入るので、子供部屋に机が入ります。
今は、子供と家内が子供部屋で寝てますが、来年は二人が寝室、私は子供部屋で寝ることになるでしょう。

というわけで、模型をあふれさせている訳にはいかなくなりました。

そもそも、小屋裏がいっぱいになるほど、買ったのが間違いですね。

HOとNのエンドレスを敷きっぱなしにできる環境があるのに、
模型がいっぱいで楽しめません。

そんなこんなで、一念発起。

小屋裏で楽しめる程度になるまで在庫を減らすつもりです。


まだまだオークションが続くと思いますが、よろしかったら覗いてやってください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »