« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

線路際の林 2

線路際の林を試作してみました。


Dsc00212
地盤は、3mmプラボードの上に、3mm厚のスチレンボード2枚を重ねて、レール面と同じ高さに。
農道部分や林の端の溝を削り取り、クリーム色で下塗り。

Dsc00213
アクリル系の塗料で道路や溝を塗ります。
麦畑同様、カーキやらフラットアースやら、バフ・デッキタンなどを塗りたくります。
わだちの部分は、固くしまった感じにするので、バフを中心に、
わだちの間には、草をはやすので、茶色っぽさを残します。

溝は、湿っているのでこげ茶色になります。

Dsc00214
緑色系のカラーパウダーを撒きます。
林の中は濃いめのものにして下草を表現

Dsc00215
Dsc00216
Dsc00217
24 PINE TREESにゴム系接着剤をつけ、スチレンボードに突き刺します。

あとで、線路際に置いてみます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

線路際の林 1

麦畑に引き続き、線路際の林を作ってみます。

使用するのは、ウッドランドシーニックスの24PINE TREE。
この製品は、プラ製の幹に濃緑のスポンジが貼り付けてあり、パッケージから出してすぐ使えます。
Dsc00210
土台は懲りもせず、3mm厚プラボードを使います。
今度は、ボンドGクリアーなどゴム系の接着剤を使って、反らないように気をつけます。

イメージとしてはこんな感じにしたい(右クリックで別ウインドウで開くと大きな画像になります)。
Dsc00211
色褪せた写真で失礼します。ネガは行方不明なのです。

線路と手前の林の間には軽トラック1台とおれるほどの農道。
林はまわりの畑よりも一段高く、線路面と同じくらいの高さ
ゆるりと下ってきた農道は、畑の縁をなぞりながら、こっちに向かってくるようなところです。

写真の場所は、高崎線 上尾・桶川間。
今の北上尾・桶川間で、すでに区画整理が完了し、林も畑もありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麦畑その後

HO周回線は、昨日までの配線作業で、快調に走ってくれるようになりました。

この勢いで、モジュールシーナリーも再開します。

まずは、ベースの反ってしまった麦畑
Dsc00206
あまりに反ってしまい、このままでは使えません。

仕方がないので、反りとは反対方向に曲げていたらバキッ

ベースが真っ二つに割れました。

幸い麦には影響がなかったし、割れたおかげで反りが幾分解消しました。

そこで、ベースの四隅を削って、下塗りをしてみました。

Dsc00207
Dsc00208
白よりは少しはマシな麦畑になりました。


Dsc00209
カーキやらフラットアース、さらにはバフまで塗り重ねて、道を踏み固めた感じに・・・・なったでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニバーサルスイッチボックス

一昨日、TOMIXのユニバーサルスイッチでデュアルキャブコンと書きましたが、説明書を見てみると予想していた機能と違いました。

自分の想像していた機能は、

内周線と外周線の2回路があり、AとBのパワーパックでそれぞれを制御するが、渡り線を通過するときは、AでもBでも、内周線および外周線を制御できる

というもの。


ところがユニバーサルスイッチの機能は、

内周線と外周線の2回路があり、AとBのパワーパックでそれぞれを制御するが、渡り線を通過するときは、Aのパワーパックのみで、内周線及び外周線を制御できる

という機能に限られていました。


単純な線路配置なので、これでも問題はないのですが、デュアルキャブコンではありません。

できれば、どっちのパワーパックでも、渡り線通過が制御できるようにしたい。


で、ふと思いついたのが、パワーパックの2つめの出力端子を使うこと。

HO周回線では、KATOのKC-1を2個使いますが、このパックは、1台につき、2個の出力端子がついています。

そこで、
Dsc00204
内周線のフィーダーを2本に分岐させて、それぞれのパワーパックの第1端子に接続し、
外周線のフィーダーも2本に分岐させて、それぞれのパワーパックの第2端子に接続します。

2台のパワーパックをABとすれば、通常は、
Dsc00202
Aのパワーパックは第1端子のみ使用して内周線を制御、
Bのパワーパックは第2端子のみ使用して外周線を制御、

渡り線を通過させるときは、
Dsc00205
Bのパワーパックの第2端子スイッチを0FFにして、Aのパワーパックの第2端子スイッチをON
または、
Aのパワーパックの第1端子スイッチをOFFにして、Bの葉ワーパックの第1端子スイッチをON

これで、特別にスイッチを用意することなく、デュアルキャブコンになるのでした。


ただ、これだと、カンタム制御するときにコネクターを抜き差ししなくてはいけません。
やはり、自前でコントロールボックスを作るか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HO周回線の配線

カンタムD51が運転できない状況が続いているので、周回線の配線を行ないました。

H0周回線は、ユニトラックを直接棚板に置いているので、フィーダーを棚板の上に這わせるしかありません。
よって、線路を横切るところでは、道床を切り取ってくぐらせることとなります。

線路配置は、上下線にそれぞれ待避線があり、その両端に片渡りという至ってシンプルなもの。

それでも、これだけの電線が這いずり回りました。
Dsc00190

Dsc00191

なかなか着手できずにいましたが、始めてしてしまえば一晩で終わる作業なのは、いつものこと。

あとは、各配線をターミナルにつないで、TOMIXのユニバーサルスイッチに配線すると、デュアルキャブコンで運転できるようになります。

あす1日休みがあるので、そこまでもっていきたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄本を整頓

昨日は、鉄本の発売日でした。

しかし、ここ2年くらい買ってきたまんまで、山積み状態。

これではいけないと本棚に並べました。
Dsc00176

おかげさまで、いい汗をかいた上に、探しやすくなりました。


それでふと、10年前、20年前、30年前の鉄道ファンはどんなだったかと開いてみました。
(記事の写真が鮮明ですと、著作権的にあまりよろしくありませんので、画質を落としています。ご了承ください。

まずは、10年前の1998年9月号
Dsc00177
特集は、個室・コンパートメント。

285系サンライズエクスプレスが走り出したことを契機に、個室付列車を特集したもの
Dsc00178
マイネ40からサンライズまで、個室付車両の外観・室内を紹介しています。
Dsc00179
廃止されたあかつき、単独運転をやめた富士。10年前はまだまだ頑張っていました。

特集はさておき、ちょっと目に止まったのがこちら。
Dsc00180
琴電旧型車の紹介です。
鉄コレの一大勢力となっている琴電。いい参考書が見つかりました。


次は20年前の1988年9月号
Dsc00181
私鉄の個性派特急が特集。
国鉄がJRとなって1年。予想以上に好調だったJRの巻き返しに備えて、次世代の私鉄特急が登場しはじめる時期にあたります。

Dsc00182
Dsc00183
Dsc00184
メインは近鉄アーバンライナー登場なのですが、私は、ロマンスカーとか東武DRC、元祖レッドアローの方がなじみです。
Nゲージでは、私鉄は守備範囲外ですが、看板列車くらいは手元におきたい。


最後に30年前の1978年9月号
Dsc00185
表紙はPF出雲。特集は東京駅です。
先日TOMIXから発売になった65PF東京機関区というやつです。

なぜPFで東京駅かというと、ちょうどこのころ、東京口ブルトレの牽引機が65Pから65PFに交代したんですね。
Dsc00186
したがって巻頭カラーは置換え直前の65Pのオンパレード
昨今話題の535号機が掲げるみずほのヘッドマーク
桜の花が白いさくらのヘッドマーク
客車は24系25形や14系に置き換えられてしまっていますが、私にとって由緒正しきブルトレの最後の姿ということになります。

Dsc00187
横須賀線はまだ地上ホームで発着し、183系あまぎが出入し、153系も最後の頑張りを見せています。

Dsc00188
ステンレスカーが極めて稀な存在だったころ。
電車がとてもカラフルで、好感が持てます。

もっとも、30年前でも、例えば157系あまぎや旧客高千穂・桜島はすでになく、新旧さまざまな車両が行き交っていた時代は終わりかけていました。

さて、10年後にはどんな記事が特集されているでしょうか。楽しみなところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

転勤したい県

オリコンが転勤先ランキングのアンケートをとったそうです。

自分としては、風光明媚なところとか、おいしい魚介類の食べられるところを連想しましたので、埼玉県が上位に入ることは無いだろうと思いました。

ところが、第6位に埼玉県。

埼玉も住めば都ではありますが、他県にアピールできるようなものはあまりない。

正直言って、なんでと思いました。


そこで、理由を見てみると、

埼玉を選んだ人は東京の人が多くて、引っ越さなくても勤務先に通えるからという理由のようです。

確かに、東京から埼玉に通勤するのなら楽ですね。

超満員の上り電車とは正反対の、がらがらの車内。
ゆったり座り、新聞を広げて通勤できたら、身体的のみならず精神衛生上も非常によろしい。

大宮くらいでしたら、30分通勤時間が延びるだけですし。


埼玉 第6位、納得です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カンタムD51標準型

予約していたカンタムD51東北タイプを引き取ってきました。

Dsc00170

Dsc00171

Dsc00172

とりあえず外観のみの感想ですが、下回りが地に着いた感じです。
Nゲージの腰の高いカマを見慣れてしまったからでしょうか。

東北タイプの特徴はテンダの大型重油タンクとシールドビーム副灯
副灯のリムのメッキ表現が好ましいです。


購入の際、お店でテストランをしてもらいました。
その際、テンダと本体を電気的に結ぶコネクターの差し込み方が弱いとエラーになってしまいます。
私もうまく差し込めずに、汽笛連呼のエラー音が出てしまいましたが、なんとか調整して、快調に走り、音ができることを確認しました。

ところがです。テストランを終えてコネクターを引き抜こうとしたら、コレが抜けません。

無理やりコードを引っ張ったら断線してしまいそうですし、仕方なくスポンジ入りの箱を用意してもらい、結線したまま自宅に持ち帰りました。

この辺は改良してもらいたいところです。


さて、走らせてなんぼのカンタムシステムですが、うちの周回線は今配線作業中で、走らせることができません。
というわけで、走行についての感想、重連にしたときの感想は後日です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スカ色に塗る 2

今回は缶スプレーでなく、エアブラシを使います。
Dsc00161
ペインティングブースは初使用
シンナー臭がかなり軽減されました。
ただし、ブース中央の排出口めがけて吹かないと、効果は半減します。
あたりまえですね。

Dsc00163
まずはエアブラシにてクリーム色1号を吹きつけ。
缶スプレーに慣れているので勝手が違います。
缶スプレーでは、3,4吹きで塗膜ができますが、エアブラシはなかなか。
ちゃんと塗れているのか判断に迷いました。

Dsc00164
クリーム色部分をマスキング。
ウインドシルとヘッダーまでがクリーム色なので、マスキングは楽ちんです。

Dsc00165
青15号を吹きました。
塗り残し、塗りむらが出来ないように注意します。


Dsc00166
マスキングテープを外します。
ドア部分の密着が弱かったようで、一部、青が回り込んでいるところが出来てしまいました。
これまで、缶スプレーで塗装するときと同じようにマスキングしましたが、
エアブラシの細かい粒子はわずかな隙間でもしっかり回り込んでしまうようです。
繊細な塗装のための用具ですから、当然といえば当然ですね。

Dsc00167

Dsc00168

Dsc00169
やはりスカ色はしっくりきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スカ色に塗る 1

クモハ14+クハ16とクモニ13をスカ色に塗ります。

今回は、元の塗装を落としてから塗り替えることにしました。

Dsc00157
はじめてIPAというものを使ってみました。

Dsc00158
半日ほど浸して、歯ブラシでこすったら、面白いように剥がれてくれました。

Dsc00159
細部に塗料が残っていますが、ここまで落ちれば十分でしょう。

Dsc00160
乾燥したところで、缶スプレーのねずみ色1号を吹いて下地作り。
明日に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インレタを貼る

ぶどう色の国鉄バージョンと東急グリーンのフリーランスにインレタを貼り付けました。

東急グリーンの方は、京王のものを適当に貼り付けたので大した手間ではありませんでしたが、
国鉄バージョンは、一応プロトタイプがあるので、ガイドブックに載っていた実車の写真を参考にクモハは11429、クハは16406としました。
位置をそろえるのが大変で悪戦苦闘。結局うまく貼れません。
17m級用のインレタが欲しいところです。

Dsc00152

Dsc00153

Dsc00154

Dsc00156


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東急グリーンに塗る

今回は東急グリーンに塗ってみました。

ねずみ色1号を吹いてもとの色を隠し、グリーンを塗りますが、東急グリーンはつやありでピカピカになので、最後に半つやのトップコートを吹いておきました。

Dsc00147

Dsc00148

Dsc00149

Dsc00150

Dsc00151


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶどう色の17m国電

カンタムD51は、すぐには買えませんので、今日は鉄コレの塗り替えです。


スカ色に塗ろうと思っていたクモハ11+クハ16ですが、よく考えたらぶどう色がありません。

鉄コレでぶどう色の製品は、クモハ12とクモニ13

そこで、まずはぶどう色に塗ることにしました。

Dsc00142

Dsc00143

Dsc00145


ぶどう色なら、何も難しいことはありません。

分解して、缶スプレーを吹いて、組み立てました。

テールライトレンズとか、避雷器とか、屋根のステップとか手を加えるところはありますが、

鉄コレとしてはこれで十分でしょう。

まあ、インレタくらいは入れますけどね。

今度仕入れてくることにしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近況

Dsc00141
 ふと思い返すと、このところ、鉄道模型を楽しめていません。

 オークション出品のために、調整したり、テストランをしたりというのはあるものの、
運転を楽しんだのは20日前の鉄コレモジュールが最後だし、
車両に手を加えたのは一体いつのことなのでしょう、という感じです。

たまには電車でも塗るかということで、引っ張り出したのが鉄コレの17m国電

うちの鉄コレ線のラインカラーは東急グリーンなので、この色で1本。
奥のクモニとクモハ14・クモハ11の各2連はスカ色
その手前の小田急と南海は、京王5000系みたいな、アイボリーにエンジの細帯にぬってみたい、
などと考えながら、国鉄電車ガイドブックを開いておりました。

と、そこへ舞い込んだ1枚のはがき

鉄道博物館そばのあすかモデルさんから新製品のご案内。


なんと、カンタムの標準型D51

発売はうれしいが、値段が値段だけに、1ヶ月、いや2~3ヶ月前に予告して欲しかった。


予約しているので、近いうちに引き取ってきますが、コレが来てしまったら
電車の塗り替えどころではなさそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

国の借金850兆

さっきニュースを見てたら、国の借金が850兆円にたっしたと・・・・

850兆と言われてもどれだけすごいのか判りませんが

仮に日本の人口が1億とすると、

850,000,000,000,000/100,000,000=8,500,000

なんと国民1人あたり850万円の借金をしていることになる。

うちは3人家族だから、一家で2550万の借金

それだけ借金して、我が家にやってきたものって何?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市道全通

昨日、町内を東西に突っ切る市道が全通しました。
この道、私の住んでいる町内からは国道17号へと通じ、となりの町内からは県道へ通じる道だったんですが、
全通することによって、国道17号線と県道をショートカットする道になりました。

全通する前は、それぞれの町内の人しか使えないので交通量が少なく、
安心して歩ける道でした。

今日のところは、交通量に変化はありませんでしたが、
あと数週間もすれば、多くのドライバーに知れ渡るんでしょうね。

交通量が激増するんじゃないかと思います。

そして、国道17号に出ようとする車の渋滞がおき、
その渋滞を避けるために、横道に入ってくる車が増えそう。

うちの前は、町内から国道17号に出るもうひとつの信号に通ずる道なんで、
迂回した車が来そうです。

近くには幼稚園もありますし、通学路もあるので、事故がおきないか、ちょっと心配な出来事であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »