« 樹木の製作 | トップページ | EF66のちょっとした問題 »

海龍オハ61・オハフ61

予約していた海龍オハ61・オハフ61を引き取ってきました。

Dsc00415
オハ61 834 秋アキ 更新扉
オハフ61 1071 福フチ 原型扉
です。
そのほかに所属と扉の違いによる3タイプのオハ61があります。
いずれも、プラスティック製塗装済完成品で、番号標記類も印刷済み。
箱から出せば、すぐに走らせられます。

Dsc00416
天賞堂のプラ製品一般にみられる梱包方法です。

Dsc00417
オハ61の側面。
箱に入っているときは、やや赤みが強いかとも思いましたが、出してみればぶどう色2号でした。
屋根は明るいグレーですが、キャンバス張りの旧型客車ですので、もっと暗いグレーの方が似合うでしょう。

Dsc00418
車輪はスポーク、床下機器のパイピングも施されています。

Dsc00419
1・2位側の車体端面。
貫通幌はグレーの成型品ですが、実車は黒だったと。
塗りなおすと落ち着くと思います。

Dsc00420
反対側の端面ですが、こちらにも検査標記が印刷されてます。
ささやかなエラーといったところでしょうか。

じゅんさんのコメントのとおり、旧型客車は両方の妻板に検査標記がありました。
すっかり誤解していました。ちなみに、私のKATO製の旧客は、片側しか検査標記を貼り付けていません。

車内の椅子は、背ずりが茶色、座面が青で、オハ61系の椅子の特徴をつかんでいます。

Dsc00422
また、室内灯も白熱灯らしい色合いをだしていて、好感がもてます。


オハ61系は、プラ製完成品とは縁遠い系列でしたが、ようやく手軽な製品に恵まれました。


|

« 樹木の製作 | トップページ | EF66のちょっとした問題 »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

katoやtomix以外でこのような手頃な金額の製品がでるのはうれしいです。しかも、モデルが渋い。連結間隔が広いとききましたが・・・

投稿: kazu | 2008年8月25日 (月) 午後 10時30分

KAZUさん。

確かに連結面が広いです。
でも、KATOの35系、43系も広いですから。

気になるようでしたら、柄の短いKDに替えてしまえば、解決すると思います。

投稿: e231green | 2008年8月26日 (火) 午後 09時50分

久しぶりにおじゃましました。
一身上色々有ったので・・・・もちろん模型も休眠していました。久しぶりに模型店に行ってリハビリでもしてこようかと思っています。

オハ61系ですが、表記が前後妻板にあるのはエラーではなく正しいと思うのですが・・・

電車、気動車は後位妻のみ、客車はオハネフ24みたいなスタイル重視のものは前位のみで、それ以外は前後の
両方に表記が有ったと思います。

もしかすると私の見間違いかもしれませんので、実車写真で確かめてみたいと思います。

投稿: じゅん | 2008年9月 4日 (木) 午前 11時34分

じゅんさん、ご指摘に感謝いたします。

本文にも書き加えましたが、完全に誤解していました。
これから手持ちの旧客に貼り付けねば。

また、宜しくお願いいたします。

投稿: e231green | 2008年9月 6日 (土) 午後 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/42260152

この記事へのトラックバック一覧です: 海龍オハ61・オハフ61:

« 樹木の製作 | トップページ | EF66のちょっとした問題 »