« 線路際の林 2 | トップページ | 車両カゴ »

線路際の林 3

反対側にも林を作って、線路際に置いてみました。
Dsc00267

Dsc00268

Dsc00269
架線柱が傾いているのはご愛嬌。
風景が何もないよりはまし、というレベルを超えて、結構いい線ではないか、と自画自賛です。

|

« 線路際の林 2 | トップページ | 車両カゴ »

250 HO周回線」カテゴリの記事

コメント

かなりいい感じですね。
ユニットラックを置いただけでも、周りに木や建物を置くとこれ程までに変わるんですね。

高崎線で当たり前のように見られたEF15が懐かしい感じです。

投稿: 原殿鉄道 | 2008年8月 1日 (金) 午前 11時25分

かなり効果的ですね。特に奥の樹木が。すぐ後ろに壁があることを忘れさせて、林が続いているように見せてくれます。手前の林も、これによって、車両が見え隠れして走らせていても変化があって良いですね。
これは早速まねさせて貰いま~す。

投稿: kazu | 2008年8月 1日 (金) 午後 12時28分

原殿鉄道さん、おはようございます。

EF15は、あたりまえに見られたころは、こんな旧型よりも東海道筋のEF65をうらやましく思ったものですが、この歳になっていろいろなサイトで詳細を知ると、あらためて奥の深さを感じます。

投稿: e231green | 2008年8月 2日 (土) 午前 06時57分

KAZUさん、おはようございます。

KAZUさんのことですから、すごいのを作るんでしょうね。楽しみにしています。

それから、今回の反省点。

犬走りを忘れてました。
見てのとおり、道の真ん中に架線柱がたってしまうことになります。

線路から10mmくらいの部分を犬走りとすると良いと思います。

投稿: e231green | 2008年8月 2日 (土) 午前 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/42027500

この記事へのトラックバック一覧です: 線路際の林 3:

« 線路際の林 2 | トップページ | 車両カゴ »