« EF66のちょっとした問題 2 | トップページ | EF66のちょっとした問題 3 »

タキで妄想

EF66につきましては、昨日書きましたとおり、スカートが届くのを待っている状態ですので、しばらく保留させていただくこととして、今日は、これです。

Dsc00434
先日再生産になったタキ43000(ブルー)

高校生のころ、通学時に駅に行くと、中線に高崎方面に向かうガソリン列車が止まっていました。
全て青いタンク車。牽引するのはEF15。編成の両端に車掌車を連結して。
正にこのタンク車でした。

さっそく購入して来ましたが、いい感じです。

実は、タキ43000は、今回が始めての購入ではありませんで、こんなのもあります。
Dsc00435
1-806 タキ43000(アオ)です。

すべての標記をシールまたはインレタで表現する仕様です。
Dsc00436
会社のマークをきれいに丸く切り抜く自信がなくて、ずっと放置状態でした。

さて、綺麗に印刷された製品があるとなると、旧製品をどうするか。

今さら、マークを切り抜くのはしんどい、などと考えながら客車貨車ガイドブックを見ておりましたら、
タキ43000の横にタキ44000が載っていました。
Dsc00437
Dsc00438
43000がガソリン専用であるのに対して、44000は石油類専用。
もっとも、ガソリン仮専用として43000に混じって運用されていました。


タキ43000がタンク長11902mmであるのに対して、タキ44000は10477mm
中心の太い部分の直径は同じで、長さは43000が3690mmに対して44000は2525mm
両端のテーパーがついている部分の長さは43000が3530mmに対して44000は3400mm

中心部分を短くすれば、タキ44000に出来るかも・・・・・

シールを丸く切るのさえ億劫がっているのに、タンク本体をカットするわけないか。

やはり妄想でした。


|

« EF66のちょっとした問題 2 | トップページ | EF66のちょっとした問題 3 »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/42294318

この記事へのトラックバック一覧です: タキで妄想:

« EF66のちょっとした問題 2 | トップページ | EF66のちょっとした問題 3 »