« EF66のちょっとした問題 | トップページ | タキで妄想 »

EF66のちょっとした問題 2

Dsc00433
EF66のスカートがおじぎしている件ですが、車体のステップとスカートの間に隙間が空いています。

実車には隙間がありません。

TOMIXのHO情報室の写真でも隙間がありません。

何らかの原因でおじぎするようになって隙間ができたものと思います。

Dsc00430
原因を探るべく、車体と下周りを分解してみました。

Dsc00431
Dsc00432
スカートを外してみると、後部中央についているつめのような部分が折れていました。

高速走行中に、スノープロウがレールのつなぎ目にひっかかり、スカートに下向きの力がかかったために、折れたものと思われます。

そして、このツメの様な部分は、まさに、スカートがおじぎするのを防止する役目を担っています。

プラスティック部品の、力のかかる部分が折れてしまうと、補修はかなり難しい。

ここはじたばたせずに、TOMIXから補修用部品を購入することにしました。

来月、EF66が再生産されますが、いきなり高速で走らせず、レールのつなぎ目でひっかかるようなら、すこしだけスノープロウを削った方が良いかもしれません。
この問題はメーカーにおいて解決されていました。EF66のちょっとした問題 3をご覧ください。

|

« EF66のちょっとした問題 | トップページ | タキで妄想 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/42283809

この記事へのトラックバック一覧です: EF66のちょっとした問題 2:

« EF66のちょっとした問題 | トップページ | タキで妄想 »