« EF66のたまげた話 | トップページ | EF5835のカプラー交換と屋根のつやけし »

何でも牽けるDF50

昨日はオークション出品の後、夜なべをしてDF50のパーツを取り付けていました。

HOになると、乗務員扉の横のステップも別パーツになるので、部品点数が増えて大変ですが、見映えはよくなります。
Dsc00466

TOMIXのDF50は、茶色、朱色前期形、朱色後期型にプレステージと5種類発売されましたが、これは前期形。側面のエアフィルターが田の字形をしているものを前期形と呼んでいるようです。

電気機関車はお相手の客貨車が限られてしまう場合が多いですが、
DF50は、貨物からブルトレでも何でも牽ける機関車です。
Dsc00474
貨物によし。

Dsc00467
旧客によし。

Dsc00475
ブルトレもあり。20系だけでなく、24系25形となった富士も牽いています。

ただ、製品のままでは綺麗すぎです。
せめて屋根上につや消しトップコートを吹きたいところです。

ちなみに529号機は、むかし山陰線で見た機関車でした。

|

« EF66のたまげた話 | トップページ | EF5835のカプラー交換と屋根のつやけし »

110 車両 HOゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/42396407

この記事へのトラックバック一覧です: 何でも牽けるDF50:

« EF66のたまげた話 | トップページ | EF5835のカプラー交換と屋根のつやけし »