« 何でも牽けるDF50 | トップページ | 鉄道コレクション第9弾は2箱大人買い »

EF5835のカプラー交換と屋根のつやけし

ひさびさにNゲージの車両の話です。

マイクロのEF58 35を購入したのは今年の1月でした。

買ったはいいが、Gのラッセル車を作ったり、HOにはまったりでそのまんまになっておりました。

ところが、最近子供が貸レイアウトに行きたいと言い出し、Nゲージ運転の機会が増えております。

というわけで、今日はEF58 35号機を貸レではしらせるべく、カプラー交換と屋根のつや消しをしてみました。


カプラーは写真をとるまでもなく、先台車を取り外さないままで、アーノルトカプラーをひねれば簡単に外れました。

そして、一端にはダミーカプラー、反対側はKAT0カプラーというのが当鉄道のお約束。

テレビを見ながら15分ほどで完了しました。


ところで、この機関車の塗装はあまりに綺麗。
Dsc00478
せめて屋根くらいは汚れた感じにしようと、車体側面にマスキングテープをまいて、そのままつや消しのトップコートを吹き付けました。


Dsc00480
落ち着いた感じになりました。

さて、このEF5835は、昭和35年に長岡に転属となってから昭和56年の廃車まで、ひたすら上越筋の旅客列車を牽いた機関車です。

模型では、電暖の仕様となっていますので、昭和50年ころから廃車までの形態。
さらに、端梁にジャンパ栓をごちゃごゃ付けると、20系北陸牽引のためにP型改造された姿ということになります。

まあ、あまり深く考えずに、20系でも牽かせてみましょう。

|

« 何でも牽けるDF50 | トップページ | 鉄道コレクション第9弾は2箱大人買い »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/42437651

この記事へのトラックバック一覧です: EF5835のカプラー交換と屋根のつやけし:

« 何でも牽けるDF50 | トップページ | 鉄道コレクション第9弾は2箱大人買い »