« わかしおに乗る | トップページ | 模型は模型らしく~バス営業所とバス営業所編 »

庭園鉄道の整備

ここのところブログの更新ができておりませんで、失礼いたしました。

お天道様が顔を出しても心地良く、庭園鉄道にはもってこいの季節となってきました。

そこで、本日は庭園鉄道の整備です。


Dsc00623
まずは、整備後の全景。
留置線を除いてバラストを撒きました。
撒くというと簡単なようですが、枕木の間に落としてやらないと、脱線したり、ポイントが切り替わらなかったりします。

Dsc00633
次に、真夏の太陽にやられた売店の整備
ベースをPOLAの分厚いものに交換し、電話ボックスと街灯を移設。
電話ボックスは、雨水が浸入してショートし、室内灯が断線していたので、その補修もあわせて実施。

Dsc00635
さらに、Ge4/4Ⅱのセンターピンの補修して、数ヶ月ぶりに運用に復帰。

Dsc00630

Dsc00631
放置していたわりには問題なく走ってくれたのでホッとしました。

Dsc00636
そして、お決まりのフィギュアのある風景。

さらにお決まりの夜景
Dsc00638

Dsc00640

Dsc00641

Dsc00642
30秒露光で撮っています。
白熱電球の灯で照らされた風景は、温かみを感じます。

Gゲージもデジタル真っ盛りですが、そちらの方面にうとい私としては、こうして情緒面で楽しむのがせいぜいです。でも、これはこれで、心休まるものです。

さてさて、先週末、待ちに待った氷河急行の食堂車が入荷したという連絡が入りました。
今週末には到着しそう。
氷河急行のシンボルとでもいうべき車両ですので楽しみです。

|

« わかしおに乗る | トップページ | 模型は模型らしく~バス営業所とバス営業所編 »

270 庭園鉄道」カテゴリの記事

コメント

例の色の反転したやつですね。それはすごい楽しみですね。また、ご紹介ください。

私も庭園鉄道を整備したいのですが、今年は天気と休みがなかなか合わなくて、ほとんどさわらず仕舞い。このs先も11月中旬くらいまで、出来そうもなく、そのうちさむくなってやらなくなるんだろうなあ~

投稿: kazu | 2008年10月19日 (日) 午後 08時05分

お久しぶりです。

バラストをまくと庭園鉄道のポップな雰囲気にリアルさが加わりましたね。

特に3枚目のお写真、スイスの山中の雰囲気がとても出ていて素敵です。

バラストは固定しないと雨に流されたり、メンテの際不便ではありませんか?

投稿: sr405 | 2008年10月19日 (日) 午後 08時25分

kazuさん
はい、全体が真っ赤でロゴのはいったやつです。

庭園鉄道の建設は、季節とその日の天気次第ですからね。
気候の良い時期に時間の取れることをお祈りしております。
オープンループやラントヴァッサー橋を渡るRHBの車両の映像、期待してますよ。

投稿: e231green | 2008年10月19日 (日) 午後 09時30分

sr405さん
ご無沙汰しております。

スイスの建物のキットはこのコテージとその派生形だけみたいで、ほとんどはドイツの建物になってます。

バラストは、平らな面に撒けば流失はしないようです。
なにかの拍子に、線路を持ち上げてしまいますと、バラストを一度取り除いて、もう一度上から撒かなければなりませんので、その点は大変です。
しかし、線路はすごく安定しますので、不便さを補ってあまりあるという感じです。

投稿: e231green | 2008年10月19日 (日) 午後 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/42837527

この記事へのトラックバック一覧です: 庭園鉄道の整備:

« わかしおに乗る | トップページ | 模型は模型らしく~バス営業所とバス営業所編 »