« ルミナス分解 | トップページ | 鉄道模型の何に魅力を感じるか »

ED73と20系

KATOからED73と20系客車が発売になりましたね。

ED73は、ざっと見てみましたが、ナンバーがインレタ式で、仕上がりは良さそうです。

九州の機関車ですので、なじみはありませんが、EF80に通じる奥まったヘッドライト、特徴的な楔形の前面。

1両は持っていて良い機関車だと思います。

さて、今回の20系客車は、ナロネ20,22、ナロ20なども再生産となりました。

これらの車種は、昭和50年3月改正までのあさかぜ(下り1号、上り3号)用のものと言っても過言ではないでしょう。

一般的なブルトレ用としては、10-366のほかに

ナロネ21  1両
ナハネ20  7両

を買い揃えますとの代表的な20系ブルトレのフル編成が再現できるようになります。

例えば昭和50年3月改正前のはやぶさ、富士
カニ21 
ナロネ21
ナハネ20
ナハネ20
ナハネ20
ナシ20
ナハネ20
ナハネフ23
ナロネ21
ナハネ20
ナハネ20
ナハネ20
ナハネ20
ナハネ20
ナハネフ22

昭和50年3月改正登場の 北星/北陸
カニ21
ナロネ21
ナハネ20
ナハネ20
ナハネ20
ナハネ20
ナハネフ23
ナハネ20
ナハネ20
ナハネ20
ナハネ20
ナハネフ22

全車寝台の20系としては末期の仕様となります。

ナハフやナハが組み込まれた編成は、初期あさかぜセット、さくらセットを使うことになります。

|

« ルミナス分解 | トップページ | 鉄道模型の何に魅力を感じるか »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/43094176

この記事へのトラックバック一覧です: ED73と20系:

« ルミナス分解 | トップページ | 鉄道模型の何に魅力を感じるか »