« ED73と20系 | トップページ | 小レイアウト  »

鉄道模型の何に魅力を感じるか

6日間更新しなかったかと思えば、今日は3つも記事を書いています。

さて、今回は鉄道模型の何に魅力を感じるかという、概念的な話です。

鉄道模型の雑誌とかプログとかを見ていますと、

 同じ鉄道模型を趣味としていても、やりたいことはずいぶん違うなあと思うことがあります。


 その1は、車両やレイアウト作り。
 自分の技術を総動員して精密な車両やレイアウトを作っておられる方々。

 工作が楽しみの中心にしておられる方が多いように思います。


 その2は、運転のための電気工学を極めようとされておられる方々。
 DCCを用いた運転、パソコンによる自動運転を目指す方々

 デンキに関してはちんぷんかんぷんの私としてはただただ羨望の的です。


私の場合は、かなり異端。

 鉄道というと、緻密な運行システムに魅力を感じます。
 いわゆるダイヤグラムに基づく運転ですね。

 実物の様に、次々と違う列車を走らせて見たい。

 エンドレスをぐるぐる走らせるだけでは面白くない。

 鉄道模型でも、あの緻密な運転をしてみたい、自分で作ったダイヤどおりに列車を動かしてみたいのです。

 ですから、私の場合、車両やレイアウトの製作もこれを動かすパワーユニットも、運転の準備段階にすぎません。

 

|

« ED73と20系 | トップページ | 小レイアウト  »

610 浅慮空言」カテゴリの記事

コメント

確かにそうですね。同じ鉄道模型でもみなさん楽しみ方が違いますね。

私は逆に運転そのものよりもレイアウトを走る車両を眺めているのが好きですね。気に入った情景やS字カーブ、曲線でのカントでの傾きなどを目線を低くしてゆっくり楽しみたいと思って、いろいろ作業しています。

投稿: kazu | 2008年11月15日 (土) 午前 08時36分

またまたお返事が遅くなり、失礼しました。

運転よりも眺めていることに魅力を感じるというのは良くわかります。
というか、誰かが運転してくれるのなら、私も見ているほうが良いです。
ただ、実物と同じように、特急、貨物、急行、普通、普通・・・という具合で次から次へと別の列車が着て欲しいのです。

投稿: e231green | 2008年11月18日 (火) 午前 03時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/43094615

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道模型の何に魅力を感じるか:

« ED73と20系 | トップページ | 小レイアウト  »