« HO 20系の整備 1 | トップページ | 富士・はやぶさ廃止 »

HO 20系の整備 2

最近、KATOの20系の整備をしていますが、前からちょっと気になっていたことがあります。

ナハネフ22の車掌室方の形状なんですが、なんか変です。
Dsc00753

丸みがたりないというか、ひしゃげているというか、実車はもっと丸みがあるのではないかと思うのです。

ちなみに、Nゲージのナハネフ22やナハフ20でそんなことを感じたことはありません。

NとHOを比べてみることにします。
Dsc00755

少し間をおき平行に並べて、横から見たときに同じ大きさになるように写真を撮ってみます。
Dsc00756

HOの方がピンボケですが、屋根の丸みの比較はなんとかできます。
こうしてみると、丸みは同じようです。

HOが変に見えたのは、青く塗装されている部分が短いからのようです。

Dsc00758
HOのナハネフですが、青く塗装されているのは雨どい部分までで、そこからは屋根色のグレーで表現されています。

Dsc00759
Nのナハネフは、ドアの真ん中あたりが境界となっています。

良く見ると、HOでは屋根色のグレー部分も若干丸みを帯びています。


それでは、青く塗装されるのはどこまでなのでしょう。

鉄道ピクトリアルの20系特集を見てみます。
Dsc00760

ナハネフ20、ナハネフ22 1~26、同501~505などの写真が載っています。
(画像をクリックすると拡大します。)
Dsc00761
1~の写真は、雨どいまでが青塗装ですが、501~の写真ではドアの後まで青塗装です。

どうもHOの方が正解みたいですね。

試しに、実車を見るときのように、やや見上げる角度で撮影してみます。
Dsc00763
違和感が薄らぎました。
実車では、青塗装とグレーの部分の境界線は汚れていて見えませんし、第一、上から見下ろしたことはありません。

Nゲージのナハネフの境界に慣れてしまった目でHOを見ると、違和感を感じるのかもしれません。

一時はHOの屋根を塗りなおすのか→同じ色調の青を調合できるか・・・などと考えていましたが事なきをえました。

安心して次の作業に進みたいと思います。

|

« HO 20系の整備 1 | トップページ | 富士・はやぶさ廃止 »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

いつもROMばかりです。すみませんたまにしかコメントしてなくて。

Nのナハネフ22ですが、台車が間違ってます。多分カニと入れ子なのでは?

投稿: kumagoro | 2008年12月19日 (金) 午後 07時37分

こんばんわ
良く気がつきましたね。

言われて確認してみたら本当でした。
カプラ交換のときに入れ違ったのでしょうか?

投稿: e231green | 2008年12月19日 (金) 午後 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/43457712

この記事へのトラックバック一覧です: HO 20系の整備 2:

« HO 20系の整備 1 | トップページ | 富士・はやぶさ廃止 »