« 模型は模型らしく~汎用化・特化 | トップページ | HO 20系の整備 2 »

HO 20系の整備 1

KATOからHOの20系客車が再生産されることになりました。

これを機に、買ったままになっていた20系の整備をすることにしました。

まずは、ユーザーパーツを取り付け、LED室内灯をセットしました。
Dsc00733

ところがこの室内灯。説明書どおりに組み付けたのでは点灯してくれません。
Dsc00734
丸で囲んだ部分の接触不良が原因でした。

Dsc00735
端子の曲がり具合を強めて、接触不良を解消します。
左が製品のまま、右が曲げなおしたものです。このくらいの角度になれば確実に接触します。


また、カニ21に室内灯を付ける場合は、調整が必要でした。
問題はこの部分
Dsc00741
通電を兼ねたウエイトと室内装置の間のスペースがありすぎて、照明ユニットとウエイトを通電させる金具がきちんと接触しません。メモ用紙を4つ折りにしてがたつくのを防ぎました。

なんとか全車両の室内灯設置が終わり、夜汽車の雰囲気が出せるようになりました。
Dsc00744

Dsc00740

|

« 模型は模型らしく~汎用化・特化 | トップページ | HO 20系の整備 2 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/43408191

この記事へのトラックバック一覧です: HO 20系の整備 1:

« 模型は模型らしく~汎用化・特化 | トップページ | HO 20系の整備 2 »