« ヤード整備 3 | トップページ | TOMIXからスハ32 »

ヤード整備 4

 昨日の案で、本線上に待避線を設けるのは、本線に列車を走らせている間に回送線を使って次の列車を待避線に据え付け、本線に列車が到着し次第待避線から次の列車が発車、本線の列車は回送線に引き上げてヤードに向かうことが出来るようにするため。
 そうだとすれば、この案でも目的は達成できる。
 310mmもあるダブルクロスも使わずにすむし、結構使えるかも。
Rosenzu2_2


続く

|

« ヤード整備 3 | トップページ | TOMIXからスハ32 »

260 N周回線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/43821969

この記事へのトラックバック一覧です: ヤード整備 4:

« ヤード整備 3 | トップページ | TOMIXからスハ32 »