« テーマパーク 2 | トップページ | あさかぜ3,2号 »

ヤード整備 1

テーマパークに高架線を作るにあたり、その下をヤードに入る線路が通るので、まずはヤードの位置決めをしなくてはいけません。

以前から設置していた4線のヤードを本線に接続しました。
Dsc00955

ポイントを切り替えるだけで違った列車を走らせられるのは、大きな楽しみです。
Dsc00956

ところで、TOMIXの485系12連ですが、満足に走りません。
カーブ区間で、動力軸が空転して停まってしまいます。
要するに、走行抵抗が大きすぎ、動力車が軽すぎるために、動力軸が空転してしまうのです。

HG仕様と銘打っていますが、室内装置に凝ったり、カプラーを実感的にしても、満足に走れないのでは意味ないでしょ。

KATOの583系13連、153系10連は、何のストレスも無く走りぬける。さすがKATO。

モハ484の室内を鉛のかたまりでうめつくしてやりましょうか。


続く

|

« テーマパーク 2 | トップページ | あさかぜ3,2号 »

260 N周回線」カテゴリの記事

コメント

これは例の集電板広げをひたすらですかね。

うちも中古でそろえた481系あいづが心配です。

投稿: odakyufan | 2009年1月17日 (土) 午後 10時46分

そうですね。
うちでは室内灯を載せないので、走行性能のことだけ考えて、しこしこと曲げていくことにします。

もっとも、この485系は、以前集電板をTOMIXから取寄せて交換したやつなんですけど・・・・・

集電板だけの問題ではない?

投稿: e231green | 2009年1月18日 (日) 午後 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/43760405

この記事へのトラックバック一覧です: ヤード整備 1:

« テーマパーク 2 | トップページ | あさかぜ3,2号 »