« 1972年 2 東北本線 | トップページ | EF15をいじる 2 »

EF15をいじる 1

EF15は、高崎線とは切っても切れない関係の機関車ですが、今まで手を入れたことがありません。
高崎線をテーマとしながら、これでは片手落ち。
ちょっといじって、昔よく見たEF15の雰囲気を出そうと思います。

KATOのEF15です。
Dsc01035
形態はなかなかですが、車体はぶどう色2号の一色塗り、パンタグラフは未塗装で、いかにも模型です。

手を入れる項目は6ケ所

1 まずは、屋根。
  全面つや消し黒に塗るのは当鉄道のお約束です。

2 それからライトケースも黒ですが、もともとはつや有りの黒ですので、半つやあたりにするのがいいかもしれません。

3 ヘッドライトの後の避雷器はグレー。

4 スノープロウを付けているからには、汽笛カバーもつけたいところ。

5 このあたりが済んだら、車体全体につや消しのトップコートを吹いて汚れを表現。

6 パンタグラフは、ジャーマングレーで汚れた感じにします。


今日は遅くなったので明日から作業します。


続く

|

« 1972年 2 東北本線 | トップページ | EF15をいじる 2 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/43886893

この記事へのトラックバック一覧です: EF15をいじる 1:

« 1972年 2 東北本線 | トップページ | EF15をいじる 2 »