« ヤード整備 4 | トップページ | ユニバーサルハンディ »

TOMIXからスハ32

TOMIXからスハ32が製品化されますね。

スハ32、スハフ32、マニ36。

オハ61系が好評だったので、スハ32系もといったところなのでしょう。

これまで、GMのキットとMODEMOの完成品がありましたが、MODEMOのものは板状キットを組み立てたものなので、純正完成品としては初めての製品。

スハ32系は、昭和30年代でこそ東海道の普通列車に使われてたみたいですが、昭和40年代に入るとまとまって使用されることは少なかったのではないでしょうか。

そんな中、スハ32のオンパレードという編成の列車に乗ったことがありました。

昭和48年ころの中央線の夜行普通列車。新宿発長野行。

休日前のお客さんは、翌朝八ヶ岳に登ろうという面々。

通路に新聞紙を敷いて座ったり、横になったり。

まさに登山者のための列車でした。

さすがにそのころは、甲府か八王子のEF64が牽いてましたが、少し前まではEF13が牽引してたとか。

客車は西イイの所属。飯田町客貨車区というのがあって、スハ32系が多く配属されてたようです。

そのときは、背ずりが板張りのスハ32よりクッショクのついているオハ35に乗りたかったが、整列乗車している私の前に停まったのはスハ32。

今にして思えば、それでよかったんだな。オハ35なんで腐るほど乗っていたから。

さてさて、製品化される中で、一番人気が出るのはやはりマニ36

4~5両欲しいですが、結構なお値段ですね。

|

« ヤード整備 4 | トップページ | ユニバーサルハンディ »

600 日常のできごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/43835193

この記事へのトラックバック一覧です: TOMIXからスハ32:

« ヤード整備 4 | トップページ | ユニバーサルハンディ »