« ヤード整備 7 | トップページ | ヤード整備 9 »

ヤード整備 8

昨日は、R481のレールを90mmのところでカットしてつなぎ合わせれば、計算上、複線間隔が49.5mmから33mmに変更できるSカーブになることがわかりました。

ちゃんとできるかどうか、実行してみます。
Dsc01149
まずは、荷造り紐に90mmのところに線を引き、レールのカーブにそわせます。

Dsc01150
レールにしるしをつけてレザーソーでカットします。

Dsc01151
道床を背中合わせに接着しました。
ユニトラック用のジョイナーも、ファイントラック用のジョイナーも、途中で切断した道床レールには使えませんでした。あとでハンダ付けして電気的に接続させることにします。

Dsc01152
並べてみたら、進行方向左側に移動するSカーブが二つ出来てしまいました。
ジョイナーの位置の決まっているユニトラックを途中でカットする場合は、カーブする向きが決まってしまうんですね。知りませんでした。

Dsc01153
右に移動するSカーブが出来ました。

さて、実際に16.5mm平行移動するようになったでしょうか。
Dsc01154
工作の精度が悪く15mmくらいになってしまいました。まあ、1mmくらいならどうとでもなるでしょう。


完全に接着できたら、レールをハンダ付けして完成です。

続く

|

« ヤード整備 7 | トップページ | ヤード整備 9 »

260 N周回線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/44054651

この記事へのトラックバック一覧です: ヤード整備 8:

« ヤード整備 7 | トップページ | ヤード整備 9 »