« タイヤの厚み | トップページ | 高崎上信越の機関車の整備2.1~EF58SG »

高崎上信越の機関車の整備1~EF62

ホームグラウンドの高崎・上信越線の機関車を整備していきます。

Dsc01160
奥の3両は、整備済みのEF58、EF15

そのほか、EF16,12,62,58が整備まちです。

Dsc01162
今日は、EF62。

マイクロエースの一次形です。

なかなか良く出来た製品なので、いじるところがありません。

アーノルトからナックルカプラーに変更するのみとします。

Dsc01164
車体を裏返して、カプラー押さえの部分をこじると、すぐに外れます。

Dsc01165
ナックルカプラーをただ組み立てただけです。

このままカプラー押さえ部分にセットしても首を振りません。

Dsc01167
首を振るように、カプラーの後部を現物あわせで切り取ります。

Dsc01169
ちょっと下を向いてしまいました。
スカートのカプラー開口部の下縁を少しかさ上げしてあげる必要がありそうです。


続く

|

« タイヤの厚み | トップページ | 高崎上信越の機関車の整備2.1~EF58SG »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/44104640

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎上信越の機関車の整備1~EF62:

« タイヤの厚み | トップページ | 高崎上信越の機関車の整備2.1~EF58SG »