« OUT OF THE DARKNESS | トップページ | 撮り鉄してきました。 »

乗り鉄してきました。

今日は、ホリデーパスを使って乗り鉄してきました。

高崎線-川越線-八高線-横浜線-相模線で茅ヶ崎まで行き、湘南新宿ラインで帰ってきました。


滅多に乗ることのない川越から先は、運転室の後ろに陣取って、八王子までの1時間20分を堪能しました。

川越 10:26   八王子 11:46

昔は、川越線系統と八高線系統は分離されていて、川越-八王子直通などという列車はなかったのですが、現在はむしろ直通が原則です。

Dsc01388
的場

Dsc01390
武蔵高萩

Dsc01391
高麗川

Dsc01394
金子

Dsc01396
東福生

Dsc01397
北八王子

途中、6本の列車と交換しましたが、高麗川を除いて全てこちらが先着して、対向列車を待ちました。

向こうが優等列車というならともかく、こちらばかりが待たされて、いささか閉口しました。

そんな交換の仕方をしたら、八王子行きは時間がかかり、川越行きは1時間もかからず着いてしまうのではないかとおもいましたが、川越行きは高麗川で長時間停車するので、所要時間はほぼ同じでした。

所要時間は同じでも、細切れで何回も待たされるよりは、1箇所で長時間停まるほうが良いですね。


Dsc01404
相模線はここしか走っていない205系500番台、左右非対称の前面が珍しい。

相模線でも何回か交換しましたが、相模線では、先着して対向列車をまったら、次の交換では対向列車が先着しているという具合で、乗客からみれば公平な感じがしました。

Dsc01403
ところで、今は桜の季節。相模線は線路際に桜の植えられている区間がたくさんあって、良い景色でした。

Dsc01409
帰りは湘南新宿ライン。
行きは待ち時間があるとはいえ4時間もかかったのに、帰りは1時間40分
さすがに便利です。


さて、川越・八高線方式の交換と相模線方式の交換。
乗客にしてみれば、相模線方式の方が納得感がありますが、川越・八高線はどうして八王子行ばかり待ち合わせなのでしょうか。

遅れが生じた場合に、他の列車に遅れを波及させないためでしょうか。

相模線方式では、1本の列車が遅れると、先着すべき駅に先着できず、対向列車の発車も遅れて全線に遅れが波及します。

川越・八高線方式ですと、八王子行きは、そこら中で待ち合わせがあって、ある程度停車時間があるので、多少遅れても対向列車よりも先着しますし、対向列車が遅れても、定刻で発車できます。

川越行きは、多少遅れても、高麗川駅の長時間停車があるので、そこで遅れを取り戻せます。

列車を運行する立場では、川越・八高線方式の方が扱いやすいと言えそうです。

正解をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示をお願いいたします。

|

« OUT OF THE DARKNESS | トップページ | 撮り鉄してきました。 »

600 日常のできごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/44565827

この記事へのトラックバック一覧です: 乗り鉄してきました。:

« OUT OF THE DARKNESS | トップページ | 撮り鉄してきました。 »