« ウイン115系 5 | トップページ | E233系 中央線 »

201系 スカート付

Dsc01644

Dsc01648

 1979年、新性能電車のパイオニア101系が取替時期にさしかかりました。その置換車両として開発されたのが201系電車でした。それまでの抵抗制御を脱し、省エネ効果のあるチョッパ制御方式を採用しました。
 種々の試験の後、1981年から量産車が製造されました。試作車では8M2Tであった電動車比率は、量産車では6M4Tとなり、編成も5連+5連から6連+4連に変更となりました。

 量産車の増備は順調に進みましたが、悪化する国鉄の財政を反映し、1984年製のモハ200,201-251~、クハ200,201-126から、装備が簡素化されました。外観上目立つのは、ナンバーが切り抜き文字からレタリングにかわったことです。

 1987年、特別快速の表示が、それまで長方形の板をぶら下げる方式から、サボ受け(10-371に付属するもの)に差し込む方式に変わりました。
 1992年、1号車と10号車の特別快速表示が電照式となりました。
 1993年、スカートが取り付けられ、中間車車端に転落防止ホロが取り付けられ、妻面の窓が塞がれました。
 2000年、高尾以西運用車のパンタグラフがシングルアームのPS35Cに変更となりました。

このモデルは上の区分で言いますと、1993~2000年の姿ということになります。

参考文献 鉄道ファン2007年2,3月号

|

« ウイン115系 5 | トップページ | E233系 中央線 »

104 車両 N EC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/45035387

この記事へのトラックバック一覧です: 201系 スカート付:

« ウイン115系 5 | トップページ | E233系 中央線 »