« ユーロライナー | トップページ | オク座~なごやか »

スロ81系シナ座

Dsc01547

Dsc01548

Dsc01549

1980年~1986年

ジョイフルトレインの元祖は、盛岡局で3軸ボギー客車を畳敷きに改造したスハ88という客車です。
その後、昭和44年頃から、団体旅行用にお座敷客車が改造されるようになりました。
スロ62,スロフ62を改造したスロ81系です。
スロ81系は、昭和53年までに、全国に6編成作られましたが、首都圏に配置はなく、お座敷客車の企画に制約があったので、これを解消すべく品川客車区に配置されたのが、KATOから発売されているお座敷客車です。

先行の6編成の外観はスロ62とほとんど変わらず、窓に障子が見える程度の違いしかありませんでしたが、シナ座は、青15号の車体、腰板部分にクリーム10号の帯2本、バックサイン設置など、一歩進んだお座敷客車となりました。

1986年に12系改造の江戸が落成により、品川区での活躍を終えましたが、水戸局に転じて「ふれあい」として活躍しました。

参考文献 鉄道ファン 1980年8月号

|

« ユーロライナー | トップページ | オク座~なごやか »

106 車両 N PC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/44883733

この記事へのトラックバック一覧です: スロ81系シナ座:

« ユーロライナー | トップページ | オク座~なごやか »