« 115系 KATO製を整備する 18 | トップページ | 115系 KATO製を整備する 19 »

地下鉄博物館

息子と地下鉄博物館に行ってきました。

館内に入ると懐かしい電車がお出迎え
Dsc01793_2
丸の内線開業当時から走っていた300形

Dsc01794_4
銀座線開業当時の1000形
銀座線の方は、昭和初期のいでたちのマネキンが設置してあって、タイムスリップしたようでした。

Dsc01810_2
トンネル掘削の再現イメージ。話に聞いたことはありますが、実際に見るとでかい。

Dsc01811_2
そして出来たトンネル。

Dsc01812_2
このカットモデルは運転席に入って運転でき、目の前に置かれた動力台車を動かすことができます。

ドアエンジンの操作も可

パンタグラフも操作できます。
パンタってこなんなにゆっくり作動するんですね。
はじめてみました。

Dsc01797

Dsc01798

そのほかにもシュミレーター多数。

Dsc01813
鉄道関連の博物館ではお約束のレイアウト
当然ここは地下鉄only

Dsc01805
そのほかにも各線の20分の1モデル。
全盛期の5000系。
Nでほしいです。

大したことはないだろうと思っていましたが、こじんまりしていながらも充実感のある博物館でした。

|

« 115系 KATO製を整備する 18 | トップページ | 115系 KATO製を整備する 19 »

600 日常のできごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/45400348

この記事へのトラックバック一覧です: 地下鉄博物館:

« 115系 KATO製を整備する 18 | トップページ | 115系 KATO製を整備する 19 »