« 115系 KATO製を整備する 15 | トップページ | 115系 KATO製を整備する 17 »

115系 KATO製を整備する 16

今日は整体に行くはずが、急にキャンセルになってしまい、時間ができました。

昨日は、妻板を修正して屋根をはめ込むつもりですが、あえなく断念。
KATO製の屋根を削ってGMの車体にはまり込むようにしました。

Dsc01779
やすりをあてて慎重に前後動。削った後もまっすぐな断面を維持できるよう削りました。

Dsc01780
右端を削ったら次は左端。左右で削る長さが異ならないようにして、20回。
車体の長さにあいました。

Dsc01781
次は屋根の塗装。
使うのはクレオスのニュートラルグレイ。
マイクロの115系もこれを使いましたので、色調をあわせます。

Dsc01783
さらにクーラーとペンチレータはねずみ色1号の筆塗りです。
薄めに溶いた塗料をベンチレータの上にのせる感じ。

ちょっとクーラーの塗りが厚くなりましたが、遠くから見ればNO PROBLEM

さて、ネットで115系の写真などを見ていましたら、過ちに気づきました。
行き先表示窓。私は1000番台の位置に空けてしまったようです。
トイレの窓と行き先表示窓の位置があわないのは何かおかしいとは思っていたんですが・・・・・

|

« 115系 KATO製を整備する 15 | トップページ | 115系 KATO製を整備する 17 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/45371280

この記事へのトラックバック一覧です: 115系 KATO製を整備する 16:

« 115系 KATO製を整備する 15 | トップページ | 115系 KATO製を整備する 17 »