« 115系 KATO製を整備する 17 | トップページ | 地下鉄博物館 »

115系 KATO製を整備する 18

昨日盛った光硬化パテを削ります。

Dsc01788
適度に固くなっていて、削りやすい。
しかし、座席側はパテがずれてしまいました。

Dsc01789
せっかく塞いだ穴ですので、このまま使うべく、液体のプラ接着剤で貼り付けました。

|

« 115系 KATO製を整備する 17 | トップページ | 地下鉄博物館 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

方向幕の穴位置ですが、方向幕の中心がその下の窓の中心と一致するのが正しいです。

今回トイレ窓側がずれていて修正しているのはOKですが、
クロスシート窓側は修正前の位置が正しいです。
今回のピクトリアル820号だと13ページにトイレ窓真上にある写真が、
7ページ下に小さいですが先頭車のクロスシート側が写っていて窓の中心線と揃っていることがわかります。


もっと早く気がつけばよかったんですが遅くなってすみません。

さらに余計な話をするとトイレの向かいにあるボックスシート窓自体の位置が少しずれており、
戸袋窓横の小窓との間隔が少し広いです。
(ドア間の窓と同じ位開いています)

これがわかる写真は31ページの写真でしょうか。
(300番台ではなく0番台ですが基本寸法は同じです)
24ページのモハ改造クハの同じ部分は狭いです。

気にしなければすむ話ですけど・・・・

投稿: odakyufan | 2009年6月20日 (土) 午後 05時19分

89・90ページの形式図で窓の位置が違うことがわかります。

クハは車端部から290/1075/320mm
モハは車端部から410/1075/200mm

私は広島時代に山陽線のクハ115-199をGM改造で作ったときに窓をずらして作りました。
47ページのころで85ページになる前です。
反対側はAU13x6個のクハ115-652でモハ115改造なので
窓はずらさないままで作りました。


どちらもKATOの前面(153/115)つけましたが寸法が合わず苦労しました。

投稿: odakyufan | 2009年6月20日 (土) 午後 05時35分

ご指摘ありがとうございます。

そうですか、座席側の方向幕は窓の中心でしたか。
またまた、ちゃんと調べればいいのに・・ですね。

窓の間隔の方は、初めて知りました。
40年近く115系を見てきて、今まで気づかなかったとは、まだまだ勉強が足りません。

まあ、今回は目をつぶることにします。

投稿: e231green | 2009年6月21日 (日) 午前 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/45390419

この記事へのトラックバック一覧です: 115系 KATO製を整備する 18:

« 115系 KATO製を整備する 17 | トップページ | 地下鉄博物館 »