« ヤード整備 16 | トップページ | 線路際の雑草 »

DD51 初期型2

先日ご紹介したDD51初期型に手を加えます。
Dsc01989

まずは、カプラーの変更。初期型は単機での使用が前提ですから、片方のカプラーはダミーとします。

Dsc01990
カプラポケットはネジ止め

Dsc01991
はずすとプラ板をバネがわりにしたアーノルトカプラーがセットされています。

Dsc01992
ダミーカプラーはボンドGクリアーで接着。

Dsc01993
反対側はナックルカプラー
0.8mmの真鍮線を立ててナックルカプラーを差しこみます。
バネは、プラ板を利用。

Dsc01995
上からスモークグレーを吹いて煤汚れを表現。
但し、スモークグレーは光沢ありです。あとでつや消しトップコートを吹きます。

Dsc01997
続いて運転室屋根を残してマスキング。
NAT0ブラックを薄く吹きます。

Dsc01999
最後に、車体上面につや消しのトップコートを吹いて完了です。

|

« ヤード整備 16 | トップページ | 線路際の雑草 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/45603414

この記事へのトラックバック一覧です: DD51 初期型2:

« ヤード整備 16 | トップページ | 線路際の雑草 »