« 115系 KATO製を整備する 23 | トップページ | 115系 KATO製を整備する 25 »

115系 KATO製を整備する 24

念願の塗装作業を行ないました。

Dsc01955
まずは、ねずみ色1号の下塗りをして、

Dsc01956
黄かん色を吹きます。
いつも缶スプレーの私には、勝手の違うエアブラシ。
薄めすぎて、オレンジ色になるまで20回近く吹き付けるはめに陥りました。

Dsc01957
オレンジ色が乾いたら、マスキング。まずは腰板部分を緑2号に塗ります。
オレンジ部分のみマスキングして、一気に緑を吹いてしまわれる方もおられますが、私には到底無理。

Dsc01958
Dsc01959
腰板部分を塗ったら、マスキングをはがし、幕板を塗り、雨どいを塗り、妻板を塗ります。

Dsc01961
サハ115-304をレタリングし、Hゴムにねずみ色1号を塗りました。
このあと半つやのトップコートを吹きました。

Dsc01964
以前切り出しておいたサッシをはめこみました。
ドア、戸袋窓は、キットのものを利用。車体とツライチにならないうえ、車体との間に隙間があります。
あと少し忍耐力を働かせて、窓を切り出した方がよかったかも。

このあと、床板をはめ込もうとしましたが、はまりません。
窓を付けたことで何か干渉したのかも。
車体側は、いまから直せないので、床板を現物あわせで削ってなんとかはめ込みました。

Dsc01967
ようやくサハ115-300が完成しました。

|

« 115系 KATO製を整備する 23 | トップページ | 115系 KATO製を整備する 25 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/45545100

この記事へのトラックバック一覧です: 115系 KATO製を整備する 24:

« 115系 KATO製を整備する 23 | トップページ | 115系 KATO製を整備する 25 »