« マイクロ80系~サロ85・サハ87 | トップページ | 祭の櫓 祭の人々 »

マイクロ80系~クハ86の正面窓

クハ86の正面窓のHゴムを出っ張らせる件、ちょっとやってみました。

Dsc02049
まずは、側面の窓ガラスを外します。
マイクロの伝統の接着仕上げ・・・・・ではありませんでした。
寸分の狂いもなくぴったりとはめこんでありました。
大変失礼いたしました。
なお、本当にきっちりとはまっておりますので、外すときは折らないように注意しましょう。

Dsc02052
側面の窓を外したら、正面窓を何か柔らかいもので押して、取り外します。
ゆっくり、じんわりと力をかけていくと、あっさり外れてくれました。
写真は、任天堂DSのタッチペンです。面棒でも良いと思います。

Dsc02053
取り外した正面窓です。

Dsc02054
デザインナイフで、両側のまどを切り離し、窓以外の部分を押し切ります。腰の強い刃物であれば、失敗はないと思います。

Dsc02055

Dsc02056
切り出した正面窓をはめ込みます。
左側の製品のままの正面とは一味違います。
窓以外の部分が少しでも残っていると、ツライチに入りません。
仕上がりが左右されてしまうので、納得いくまで調整しました。

Dsc02057

Dsc02058
サラサラタイプの接着剤をごく少量流し込んで接着しました。
右が加工したもの、左が製品のままです。
上から見たときに、Hゴムが車体よりも出っ張っているかどうか、違いが判ると思います。

窓ガラスを切り出すときと接着剤を流し込むときに、慎重さが要求されますが、落ち着いてゆっくり作業すれば何も難しいことはありませんでした。

簡単な工作で、記憶に残る80系の顔が再現できました。


|

« マイクロ80系~サロ85・サハ87 | トップページ | 祭の櫓 祭の人々 »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/45690137

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロ80系~クハ86の正面窓:

« マイクロ80系~サロ85・サハ87 | トップページ | 祭の櫓 祭の人々 »