« ヒガハス55 | トップページ | 121レの整備 1 »

ヤード整備26

 ダブルクロスにギャップを切りました。
 先日、記しましたように、KATOのダブルクロスは、クロス部分にはギャップが切られていますが、外側の直線線路には切られておらず、ダブルクロスを境に反対方向に列車を走らせようとするとショートしてしまうのでした。

Wcross
 図示するとこんな感じです。
 クロスと同じ位置の直線レールをレザーソーで切断し、ギャップを切りました。

Yard_2
 ヤード全体を図示するとこんな感じ。
 留置線は真ん中にギャップを切って、7両編成なら2本留置できるようにしてみました。
 ダブルクロスにギャップが切っていないと、例えば、富楠群線から内回り線へ列車を走行させている最中に、舞黒群線から外回り線に列車を渡らせることができません。

 ギャップを切ったことにより、多彩な運転ができるようになりました。

|

« ヒガハス55 | トップページ | 121レの整備 1 »

260 N周回線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/46140852

この記事へのトラックバック一覧です: ヤード整備26:

« ヒガハス55 | トップページ | 121レの整備 1 »