« ヤード整備23 | トップページ | ヤード整備25 »

ヤード整備24

 ヤードが一応まとまりましたが、何か足りない。
 そんな感じがしていたのは、機関車の留置場所がないからかもしれません。

Dsc02197
 試しに、何両か置いてみました。

Dsc02199
 3列くらいで10両ほど置けたら良い感じになりそうです。

 といっても、電気的にはつなぎません。
 DCC不採用の私が10両の機関車を制御するとしたら、ギャップとフィーダーとスイッチを10箇所設置しなくてはなりません。
 どうせ、わしづかみで列車の先頭につなげるんですから、置ければ十分です。

 それから今日は、線路と線路の間の通路を試作してみました。乗務員が詰所に向かう排水溝の蓋みたいなあの通路です。ヤードは線路を固定しない方針ですから、通路も置くだけになります。
 そこで、1mmのスチレンペーパーにKATOの側溝を貼り付け、バラストを撒きました。接着剤でなく、両面テープを使っています。

 で、その出来はというと、かなりみすぼらしい。
 Dsc02202
 バラストと通路の上面が一致するはずのところ、バラスとが薄く、通路の方が高くなってしまっています。

実は両面テープの前に、木工ボンドを使ったのですが、でこぼこしてしまい、さらにみすぼらしい状態でした。

Dsc02201
いちおう、ヤードに置いてみれば、それらしくは見えるので、あと一ひねりといったところでしょう。


続く

|

« ヤード整備23 | トップページ | ヤード整備25 »

260 N周回線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/46092450

この記事へのトラックバック一覧です: ヤード整備24:

« ヤード整備23 | トップページ | ヤード整備25 »