« バスコレクション第14弾 | トップページ | 背景の作成1 »

KATO 14系さくら

KATOの14系寝台客車が出揃いました。
Dsc02504


昭和50年ころ、まさにEF65P+14系のさくらに乗ったことがありまして、いつかはこの編成を揃えたいと思っておりました。
佐世保編成に乗って、終着佐世保まで19時間30分。鳥栖・肥前山口間ではDD51の重連が牽引しておりまして、カーブ区間で車窓から垣間見えるDD51の姿に力強さを感じたものでした。

車体はいつもどおりの出来栄え。屋根に鋼板の継ぎ目の表現があるのが目新しい。
Dsc02507

Dsc02508

Dsc02509

Dsc02510


最近のKATO製品同様、ユーザー取り付けパーツは無いに等しく、スハネフのカプラーをナックルタイプに取り替えるのとジャンパ栓をつけるくらい。ところがこのカプラー交換がすんなりいかない。
方法的には、カプラポケットのベースを床板から外し、ベースからカプラポケットを外すのですが、カプラポケットがなかなか外れません。結局ツメの一部を削る羽目になりました。

ジャンパ栓パーツはRの小さいカーブではカプラーと干渉する可能性ありと説明されています。

また、私のところの線路状況が悪いからかもしれませんが、8号車と9号車の間のナックルカプラーが、時々自然開放します。


先日発売のEF65Pで楽々引き出せました。どの程度の勾配を登れるかは不明。

さすがに14両編成は長いです。またまた画質の悪い動画ですみません、

SAKURA

↓私も参加しました。
充実した内容の、すばらしいブログがたくさんあります↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« バスコレクション第14弾 | トップページ | 背景の作成1 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

一度KATOサービスセンターに、修理に出してみたらいかがでしょうか?

投稿: 岩崎友裕 | 2009年10月 1日 (木) 午後 01時31分

そうですね。持ち込んで相談してみます。

投稿: e231green | 2009年10月 2日 (金) 午前 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/46356280

この記事へのトラックバック一覧です: KATO 14系さくら:

« バスコレクション第14弾 | トップページ | 背景の作成1 »