« ジオコレのお寺をいじる4 三重塔は左側でよいのか | トップページ | モデモの客車をながめる 2 ~オロ35,36 »

モデモの客車をながめる 1 ~マニ31

 ジオコレのお寺はプラスタークロスを貼る段階ですが、この作業をするとあたりが真っ白になってしまい、掃除のことを考えると平日の夜にはできません。
 昨日、中村精密の板状キットの完成見本としてMODEMOの客車を引っ張り出しましたので、そのラインナップを見てみることにします。
Dsc02617

 ラインナップのトップバッターは、マニ31。
Dsc02612

Dsc02615

 ダブルルーフのマニ31 1~18(旧マニ36700)とシングルルーフのマニ31 19~58(旧マニ36750)の2タイプが製品化されています。
 マニ31は、スハ32系に属する荷物車で、ダブルルーフの1~18は、昭和6,7年製、シングルルーフの19~58は、昭和7~14年製で、後の改造でトイレが設置され、マニ32に形式変更されたものもありました。いずれも昭和35年ころから廃車がはじまり、昭和44年には消滅したようです。

 模型の外観は、ぶどう色2号ですので、昭和34年以降のいでたちですが、車掌室に車掌の標記があり、これは昭和34年より前、ぶどう色1号時代のものです。また、ぶどう色1号時代は、形式番号の上に所属する客車区の標記がありました。

 いずれにしても昭和30年代前半の姿ということになろうかとおもいます。青大将のつばめ、はとや151系こだま、20系あさかぜの時代。
 長距離急行や鈍行の機関車の次位に連結するとさまになります。

 MODEMOの製品は、中村精密の板状キットを組み立てて塗装したものですが、MODEMO独自の仕様として、室内設備を加えたことがあげられます。荷物車は目立ちませんが、座席車となると一目瞭然です。

 それにしても、1両1両組み立てていったMODEMOの職員さんには頭がさがります。

↓私も参加しました。
充実した内容の、すばらしいブログがたくさんあります↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« ジオコレのお寺をいじる4 三重塔は左側でよいのか | トップページ | モデモの客車をながめる 2 ~オロ35,36 »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/46495302

この記事へのトラックバック一覧です: モデモの客車をながめる 1 ~マニ31:

« ジオコレのお寺をいじる4 三重塔は左側でよいのか | トップページ | モデモの客車をながめる 2 ~オロ35,36 »