« 北斗星が走り始めたころ | トップページ | ローカルモジュール13 »

フレッシュひたち改良品

Dsc02770
 マイクロエースから、フレッシュひたちの改良品が発売になりました。
 赤編成を購入してきました。

 ケースを開けて見て、洗練された色合いになったと感じました。
 これまでの製品は車体がテカテカのつや有りでしたので、これを抑えたのかと思いましたら、そんなことではありませんでした。

 Dsc02768
 一番の違いは床下の色でした。これまでの製品が黒だったのに対し、今回はグレーになっています。つやは今回の製品の方があるくらいでした。
 従来品もグレーに塗れば落ち着いた感じになるでしょう。

Dsc02772
 その他、塗装の面で細かい違いとしては、乗務員扉前のJRマーク、客室扉の靴摺り、保安機器の標記くらいのものでした。

Dsc02769
 ライト関係は、従来品のマメ球からLEDに変更されています。
 スカートの連結器の両脇の柱?が省略されています。連結可能な密連が標準装備となりこの柱が干渉してしまうので、省略したようです。これは賛否両論でしょうね。

Dsc02771
 先頭車同士を連結してみました。連結面は結構狭い。但し、Sカーブは通過できないと取説に注意書きがありました。ちなみにカプラーはマイクロのF0001というものらしいです。スカートを処理すれば従来品にも取り付け可能のようです。

Dsc02774
 一番最初に発売された青編成の集電方法は、かつてのTOMIX製のように車軸にシューをスプリングで押し付ける方式でしたが、第2弾の黄色編成では、軸受けにスプリングが取り付けられ、転がり性能が格段にアップしました。今回の製品も同じ仕様です。


 金型は従来の製品と同じですが、現代の標準にあわせるべくなされた改良が非常に効果的な製品だと思います。
 最後になりましたが、走行性能も最近のマイクロ製品と変わらぬ滑らかさでした。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« 北斗星が走り始めたころ | トップページ | ローカルモジュール13 »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/46762444

この記事へのトラックバック一覧です: フレッシュひたち改良品:

« 北斗星が走り始めたころ | トップページ | ローカルモジュール13 »