« トミーテック70系 | トップページ | N周回線で遊ぶ »

トミーテック70系 2

 関東地方は、穏やかな大掃除日和が続いています。
 昨日は、先日の駐車場掃除に引き続いて、玄関周りとブロック塀を清掃しておりましたが、23日の疲れが取れていなかったのか、筋肉痛です。ここは無理をしないでおこうと苦しい言い訳をして、70系の整備をさらてもらいました。

Dsc02901


 まずは、各車のご紹介から。

Dsc02893
 スカ色奇数向きのクハ76063
 前窓Hゴム、TR48台車の仕様ですが、客室扉は原型です。
 70系は、窓枠がガラス側に表現されています。この細い桟は車体側には表現できないでしょうね。ちなみにマイクロ製品も同様でした。

 また、70系は奇数車も偶数車も海側にトイレがあります。したがって、奇数車を方転して偶数車というわけに行かないのが難点です。


Dsc02894
 72系モハ72852
 中央東線では、70系の不足を補うためクハ79とモハ72を70系に組み込んでいたそうです。全部72系にするとトイレがなくなってしまうので、必ずクハ76は組みこまれたのだとか。
 この車輌は屋根全体が低屋根となっていて、普通のモハ72から作成するのは手間がかりました。中央線ファンにはうれしい製品化でしょう。
 ちなみに、このモハはDT20を履いています。かなり後期の車輌だと思われますが、窓は三段窓。技術革新途中の車輌という感じです。


Dsc02895
 71系純正のモハ71009
 やはりDT20を履いていますから、遅い時期の製造と思われます。
 屋根の肩の部分を見ると低屋根なのだというのが、かろうじて判ります。


Dsc02900
 偶数向きのクハ76036
 前面窓は木枠、台車はTR45の原型車。
 中央東線にはこういう原型車が残っていたようです。昭和45年ころの鉄道ファンにワッペン列車として運用される木枠のクハ76が載っていました。が、私としてはHゴム仕様にして欲しかった。


Dsc02904
 ところで、70系の連結面間は、このくらいです。
 最近N周回線で遊んでいて思うのですが、走りを楽しむのであればアーノルトカプラーが良いと思います。確実に自動連結しますし、ちょっとやそっとでは勝手に解放しません。
 特に電車は、編成の両端だけTNカプラーとかダミーカプラーを使って見映えを良くし中間は実用本位で良い。すでにマイクロさんはこの方法で成功しています。
 TNカプラーは見映えは良いですが、一両一両カプラーの向きを揃えてつないでいかねばならず、線路に据え付ける際には苦労させられます。

Dsc02905
 一方にカプラーのスペーサーSを使い、もう一方はスペーサーを使わないことで、この間隔となりました。運転上は特に問題ありません。

Dsc02907
 これは、スペーサーを一切使わない間隔。実感的ですが、推進時に車体同士が接触してしまい、アウトでした。


 続いて新潟色。
Dsc02896
 若番更新車のクハ76029 
 前面とドア窓がHゴム。乗務員扉と客室扉の間に小窓が、トイレの前にもう一つ窓があります。しかし台車はTR45で初期に製造された車輌であることがわかります。
 このクハ76は、新潟局のタイフォンカバーが付いていません。鉄コレにそこまで要求はできないか。パーツも市販されていることですので、各自手を動かしてくださいということでしょう。運行窓のところではなく、本来のタイフォンの位置にカバーが付いています。私もご指摘を受けるまで気が付きませんでした。
 「鉄コレにそこまで要求できないか」どころか、鉄コレがここまでやるとはですね。驚きました。

Dsc02897
 DT16を履いたモハ70025
 初期の車輌の原型を保った姿です。

Dsc02898
 Hゴムの客室扉とDT20が後期の製造であることをうかがわせるモハ70097


Dsc02899
 クハ75006は、70系が横須賀線を追われて余剰となったサロ75に運転台を取り付けた車輌。高窓のクハ103のような前面とクラシカルな側面がなぜかマッチしています。よくこんな車輌を完成品にしてくださいました。

 Dsc02902
 さて、うちの新潟色は今回で3本目となりますが、どの編成も偶数向きはクハ76ではありません。
 スカ色の偶数向きクハはHゴム仕様ではありませんので、ちょっと塗り替えるというわけにもいきませんが、せめてもの救いは、窓枠が窓側に表現されていることでしょうか。これなら、トイレの横の窓をプラ板で埋め、反対側の側面に窓の開口部を作れば、何とかできそうです。

Dsc02903
 一方奇数向きは全部クハ76
 手前からGMキットを組んだもの、今回の製品、マイクロ製品。その奥は115系0番台
 新潟色70系は、まず、新前橋・小山から転属した0番台により一部が淘汰され、1000番台投入で息の根を止められました。


 動画をとってみました。スカ色は183系0番台あずさとのすれ違い、新潟色は157系白根とのすれ違いのイメージです。


 

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« トミーテック70系 | トップページ | N周回線で遊ぶ »

623 製品の感想 トミーテック」カテゴリの記事

コメント

新潟色のクハ76、ちゃんとタイフォンカバー付いてますよ。
実車と同じく下のほうの向かって左側に。

投稿: ほへほへ | 2009年12月27日 (日) 午後 03時05分

ほへほへ様、ご指摘ありがとうございました。

本来のタイフォン位置にカバーが付いていたとは、全く気が付きませんでした。

早速本文を訂正いたしました。

投稿: e231green | 2009年12月27日 (日) 午後 04時21分

こんにちは。
私も早く買いに行きたい^^;

木枠のクハ76ですが昭和50年に現役でしたからけっこう頑張っていたんですね。

↓よろしければ参考までに
http://blogs.yahoo.co.jp/tomayukako4375/25960979.html

投稿: とと | 2009年12月28日 (月) 午前 10時10分

とと様、こんにちは。

懐かしいですね。
新鋭の189系と70系が並んでいたんですね。
しかも三鷹に。

ひょっとして70系が新宿に顔を出していたのでしょうか。

良いものをみせていただきありがとうございました。

投稿: e231green | 2009年12月29日 (火) 午前 05時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/47127405

この記事へのトラックバック一覧です: トミーテック70系 2:

« トミーテック70系 | トップページ | N周回線で遊ぶ »