« 簡易動輪洗浄機 | トップページ | 工事現場1 »

トレーラーの車輪清浄

 前回の簡易動輪洗浄機の効果はなかなかで、真鍮線をあてた動輪にクリーナーを染み込ませた綿棒を押し付けますと、すぐに回転があがります。
 さて、動輪の洗浄が簡単確実になりますと、今度はトレーラーをなんとかしたくなります。

Dsc03483
 TOMIXのマルチ車輪クリーニングレールです。

 マルチ車輪クリーニングレールは、これまでN周回線の舞黒群線3番の入口に設置しておりました。

 このレールは、クリーニング効果は認められるものの、完全に汚れをふき取らないまま走行を続けるので、かえって周囲の線路が汚れてしまうという難点があることがわかりました。しかも、クリーニング部分は脱線しやすくて運転上の問題もありますし、クリーナーを使用しているときの騒音は相当のものです。このため最近はクリーニング機能を使用停止としておりました。

 

 クリーニングレールの仕組みは次のとおりです。

Dsc03485
 ○で囲んだカバーの中にはモーターが入っております。
 線路の両脇の白いシートが貼ってあるパーツにクリーナー部分で、通電しますと、枕木方向に、高速で往復運動をします。
 これにより、クリーナー上を通過する車輪の汚れを落とす、という仕組みになっています。
 クリーナーパーツの一部が黒くなっているのは汚れで、効果があることが判ります。

 通過させるだけで車輪が洗浄できるというのは魅力的ですので、 ヤードから取り外して洗浄機械として使用することにしました。

Dsc03484

Dsc03486
 機械として使用といっても特別な工作は不要で、クリーニングレールの両脇にティッシュペーパーをのせ、トレーラーを手動で動かすだけです。車両を3往復もさせれば、きれいになります。

 これまでは、クリーナーを染み込ませた綿棒を車輪に押し付け、手で車輪を回転させて洗浄しておりましたので、省力化という点では効果絶大です。

 


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« 簡易動輪洗浄機 | トップページ | 工事現場1 »

400 線路・制御機器」カテゴリの記事

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/47919357

この記事へのトラックバック一覧です: トレーラーの車輪清浄:

« 簡易動輪洗浄機 | トップページ | 工事現場1 »