« 工事現場7 | トップページ | 都会モジュール 1 »

iPad

 4月半ばに雪。今年はおかしな天気ですね。さて、またまた1週間ぶりの更新。最近、模型に触れていません。
というわけで、今回も模型そのものの話ではないのですが、

 iPadの売れ行きが好調なようです。

 鉄道模型雑誌が電子図書化したら、記事の内容はどう変わるか、それにつれて鉄道模型自体がどう変わっていくか、などということを考えて見ました。

 

 iPadは液晶をタッチして操作するというのが売りのようですが、私が注目したのは、電子図書の閲覧が容易になること。

 電子図書になりますと、画像だけでなく動画も記事の内容に盛り込めることになります。

 ミリタリーなどのジオラマは動画にするまでもありませんが、鉄道模型は別。動く模型のおもしろさを十分に伝えることになるでしょう。

 必然的に模型雑誌にもふんだんに動画が盛り込まれるようになりそうです。

 それにつれて、模型そのものも「動き」を重視せざるをえなくなるでしょう。

 いくらスーパーディティールの車輌でも、ラピッドスタートでは興ざめです。
 実物のようにゆっくりと発進し、衝動なく停止する。そんな走行性能が求められるでしょう。

 昨今の新製品は、目を見張るような走行性能になってきました。動画となればこれがあたりまえになろうかと思います。

 またサウンドも重視されるでしょう。
 小さなNゲージの車体に音源を載せるかどうかは別として、動画自体には鉄に関する音が盛り込まれる。
 そのための音源集などというのも商品化されてくるかもしれませんね。

 
 
↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« 工事現場7 | トップページ | 都会モジュール 1 »

610 浅慮空言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/48105149

この記事へのトラックバック一覧です: iPad:

« 工事現場7 | トップページ | 都会モジュール 1 »