« 都会モジュール 4 | トップページ | Panasonic HDC-TM60 »

KATO 10-821 E259系「成田エクスプレス」6両セット

 KATOからE259系が発売になりました。
Dsc03554
 白はオーソドックスな半つや塗装ですが、屋根の赤と窓部分を含めた黒に適度のつやがあります。
 下回りもややつやがあるように感じます。新製車の表現でしょうか。

 ユーザー取り付けパーツは無し。
 行き先表示にも成田空港が印刷されています。

Dsc03552
 ケースを開いてまずびっくり。車体間ダンパを表現していて、車体に尻尾が生えたかのような様相です。

Dsc03561
 直線とカーブでの車体間ダンパの様子です。特に破綻してしまうことはないようです。

 それでは、各車をご紹介。
Dsc03555
 1号車 クハE258-7
 大船・大宮・池袋・新宿寄りの先頭車です。

Dsc03556
 2号車 モハE258-7

Dsc03557
 3号車 モハE259-7

Dsc03558
 4号車 モハE258-507

Dsc03559
 5号車 モハE259-507
 ダブルパンタ車ですが、大船寄りは予備で、通常はたたんだままです。

Dsc03560
 6号車 クロE259-7
 成田空港方のグリーン車です。
 東京ほ成田空港間は2本つないだ12連が多いようです。実車は貫通扉を開いて6,7号車間の行き来ができるようですが、模型でこれを表現するのは難しい。せめて貫通扉が開ける構造であればよかったと思います。

Dsc03562


Dsc03553
 製作中の都会モジュールで記念撮影。NEXはこういう情景が似合います。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« 都会モジュール 4 | トップページ | Panasonic HDC-TM60 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

僕もe259かいました。2編成かって12連としたので、6と7の連結部分を再現しました。やり方をさらっと書いときます。
1、足回りとボディにわける。
2、中から、全面貫通扉のあたりを押し出す。
3、真ん中に薄く線が入っているのでそこに沿って、はさみで切る。
4、接着剤で実物のようにつける。
5、空いたところを黒く塗って、そこに幌を2,3枚かぶせて接着する。
6元に戻して完成。
ご不明なところは返信の際に書いてください。

投稿: nex253 | 2014年8月24日 (日) 午前 10時34分

追伸

ただし、こうすると、12連固定運用となります。6連にしたいときは、assyを使って、各先頭車をもう一つ買う必要があります。まあんな感じですが1両10分もかからないので、簡単だと思いますよ。

投稿: nex253 | 2014年8月24日 (日) 午前 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/48207774

この記事へのトラックバック一覧です: KATO 10-821 E259系「成田エクスプレス」6両セット:

« 都会モジュール 4 | トップページ | Panasonic HDC-TM60 »