« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

情景小物 アーケードABC

 ジオコレから情景小物のアーケードが発売となりました。

Dsc03646
 Aはメインストリートのアーケードで屋根が2階家の高さにあるもの。

Dsc03647

Dsc03648
 結構なお値段ですが、この長さのものが一つです。
 屋根に透明のパーツをはめ込んで凝った造りになっているので、こんなものなのかもしれません。


続きを読む "情景小物 アーケードABC"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

KATO EF65(F) 2

Dsc03658
 左からKATO P形、F形、TOMIX F形です。

続きを読む "KATO EF65(F) 2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

KATO EF65(F)

 10日ぶりの更新となりました。
 KATOからEF65(F)が発売となりました。
 TOMIXからは一般形が発売となっており、繊細な出来栄えに見とれましたが、簡単にナックルカプラーが付かないのでスルーしました。いずれKATOさんからも一般形が出るでしょう。

Dsc03635
 例によって、ナンバーとメーカーズプレート、カプラー以外の部品は取り付け済み。
 国鉄時代の仕様のため、列車無線アンテナは付いていませんし、付属品としても入っていません。

Dsc03636
 アーノルトカプラーですと形態のバランスが崩れてしまいますね。
 感想はナンバーを付けて、カプラーを取り替えてからにしましょう。

続きを読む "KATO EF65(F)"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

1972年の東北線 途中経過

 1972年の東北線は、9時台から12時台までビデオ化しました。
 
 ビデオ化は、当時の列車を懐かしむために試したものですが、なんとか目的は達成できていると思います。

 しかし、課題も山積。
 まず、ヒガハスの細部を作りこまないとみっともない画像しか出来ない。垂直に立っていない架線柱の多いこと。
 モジュール同士の高さの不整合も調整が必要。

 車輌の整備もまだまだ不十分。
 特に旧型客車のサボ類を付けていないのは致命的です。
 さらには、TNカプラーの不調で脱線を繰り返す115系はKATOカプラーへの交換が必須。もっとも、ビデオで見てみると最後尾のクハの車体が傾いているのを発見。これがTNカプラーに干渉しているのかも。

 撮影面では、列車がこない時間をどう表現するかが問題。
 ビデオでは、次から次へと列車が来て飽きないけれども、現場では立て続けにやってきたり、20分近くも待ちぼうけという時間帯もある。この待ちぼうけの時間も表現しないと再現とはいえない。といっても、何も来ないヒガハスに向けてビデオを回し続けても面白いわけもなく。なんらかのアイデアが必要です。

 なにはともあれ、時系列でビデオを並べてみましたので、順を追ってご覧下さい。
 新型車両が台頭する中、旧型車輌もまだまだがんばっているころの様子が伝わりましたら幸いです。

続きを読む "1972年の東北線 途中経過"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1972年の東北線 4

Dsc03634

1972050309
 下りなすの1号は、いわゆる遜色急行。9時ころに急行を設定したいものの、通勤ラッシュが終わったばかりで、上野にいるのは近郊形電車ばかり。しかたなく115系を使った急行を走らせたもの。高崎線にはあかぎが同じく115系で、常磐線にはときわが403系で走っていました。

 404レの津軽2号はひばり1号の直前を走行。上野を目前にして大宮でひばりに抜かれます。ちなみにこのひばり1号は東京行。1972年には上野東京間の線路がつながっていました。

 1103Dいいで・ざおう1号はキハ58系のディーゼル急行ですが、修学旅行用の800番台を組み込んでいました。

 1712Mつくばねは常磐線の勝田から水戸線を経由して上野に向かう列車。勝田の453系の運用だと思っていましたが、実は仙台の付属編成の運用。上野に着くと折り返し6両編成の「まつしま」となって下っていきます。

続きを読む "1972年の東北線 4"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1972年の東北線 3

 今回は11時台の列車です。

Dsc03629


1972050311
 下りは、長距離の特急・急行が次々に下っていきます。
 また、早朝地方を出発した中距離の特急が到着し始めます。
 この時間帯のはつかりは、青森に20時ころに到着するうえ、連絡船、函館本線の夜行を乗り継ぐと、明朝札幌に到着し、便利です。そのためか、臨時の51号が設定されています。
 123レは半日かけてのんびり一ノ関まで走ります。主要な駅では長時間停車しますので。弁当を買ったり駅そばで空腹を満たすのには困りません。また頻繁に特急・急行を退避しますので、てっちゃんには、寝ている暇などない列車でしょう。

続きを読む "1972年の東北線 3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1972年の東北線 2

 前回の12時台に引き続き、10時台を動画にしてみました。

Dsc03626
 12系のつばさ51号。ヘッドマークがないので、臨時急行のようにも見えてしまいますが、1972年当時の東北線では、急行はEF57,58が牽くのが相場で、EF65PF牽引は特急の証でした。

1972050310_2


 2512M なすの2号は、「なすの」でありながら455系。白河始発。
 1007M ひばり4号は、583系の間合い使用。53年10月改正まで583系のひばりが一往復ありました。
 102レ 八甲田はB寝台2両とグリーン車1両を組み込んだ旧型客車。牽引機はEF57とEF58の共通運用でした。
 8001レ つばさ51号。当時は12系で運転されていました。14系による運転は48年10月改正からでした。

 

続きを読む "1972年の東北線 2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都会モジュール12

 東北新幹線の新列車名は、「はやぶさ」だそうですね。
 全くの予想外。「はつかり」で決まりだと思っていました。

 はつかりとは、
 「秋になって最初に北方から渡ってきた雁」
だそうで、東北北海道の方々が上京するイメージとしてはぴったりですね。
 ちなみに「雁」とは、がん、すなわち、カモ目カモ科の水鳥のうち、ハクチョウ類に次いで体の大きい一群の総称だそうで、特に速く飛ぶ鳥ではないようです。

 一方「はやぶさ」は世界最速の鳥だそうで、翼をたたんで急降下するときには300キロを超えるスピードがでるのだとか。
 E5系にはぴったりの名前なのでしょう。
 ブルトレ末期には「つばめ」を退避先行させるという情けないことになっておりましたが、列車名登場後50年にしてふさわしい列車の愛称となったといえるのでしょう。


 さて、都会モジュールはビルの配置が決められません。
 かわりに、ガード下の建物の検討に入りました。
Dsc03614
 グリーンマックスの高架桁パーツは長さがぴったりでした。 
 こちらをすすめながら、前景を考えようと思います。


メニューに戻る


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都会モジュール11

Dsc03601
 当初はこのようにビルを配置するつもりでした。列車がガードを渡っている光景は良いのですが、・・・・・

Dsc03602
 渡りきってしまうと、列車はビルに隠れて見えません。これでは意味がありません。

続きを読む "都会モジュール11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1972年の東北線 1

 鉄道模型をつかって1972年の東北線を再現する。元旦に今年の目標として掲げました。
Dsc03600
 写真は2M 特急はつかり1号 上野行 ヒガハスは12:40ころ上って行きました。

 ヒガハスの作成、列車の整備、ビデオの購入など、ようやく諸条件が整いつつありますので、試しに38年前の今日、1972年5月8日の東北線を再現し、ビデオ化してみることにしました。

 といっても1日分の列車をいっぺんには再現できませんので、とりあえず、12時台の列車です。
72050812
 当時の時刻表から拾いました。
 貨物列車の時刻が不明で、完全なものではありませんが、とりあえず旅客列車から始めます。
 

続きを読む "1972年の東北線 1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都会モジュール10

 高架橋を作ります。
Dsc03594
 GREENMAXの高架下の倉庫・店舗という製品です。

続きを読む "都会モジュール10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都会モジュール 9

 ガーター橋の橋脚を作ります。
 コンクリート造のシンプルな橋脚にしようと思います。

Dsc03592
 1mm厚プラ板を73×45、73×10、45×8の大きさに切り出しました。

 橋脚の巾は実測で73mm、高さは48mmですが、上部に蓋をし歩道を2mm厚プラ板で作成して橋脚をおきますので45mmとなりました。奥行きは実測で10mmでした。

続きを読む "都会モジュール 9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休の朝

 先日のお出かけは、我が家ではありえない午前7時の出発でした。
 おかけで、普段見かけない列車を目にすることが出来ました。
Dsc03591
 ビュー踊り子は大宮駅で。スーパービュー踊り子1号 伊豆急下田行 初めて大宮でビュー踊り子を見ました。
 やまなみは、さいたま新都心駅で。ひょっとしたら宴かもしれませんが、大宮方面に下っていきました。
 さいたま新都心では回送のスペーシアが停まっていました。新宿まで回送されてスペーシアきぬがわ3号として運用されたものだと思われます。
 東武色485系は、赤羽-大宮間ですれ違い。日光1号だったようです。
 

続きを読む "連休の朝"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水戸で眺めた電車

 先日、ホテルから眺めた列車を、動画にしました。

Dsc03590
 舞台は相変わらずヒガハスですが、これまでとは前後逆に接続。目新しい情景となりました。

 ところが、引き通し線を接続するとショートします。上り線と下り線でコネクターの向きを代えて作成したので、モジュールの向きにかかわらず機能するはず。目下のところ原因不明です。

続きを読む "水戸で眺めた電車"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

都会モジュール 8

 ホームに改札口への降り口を作ります。
Dsc03584_3
 1.2mm厚のプラ板を8mmの高さで切り出し、階段を囲む壁としました。

続きを読む "都会モジュール 8"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

模型目線で実車を見る。

 茨城方面にお出かけをしまして、線路際のホテルに泊まりました。
 Dsc01472
 ホテルの8階から線路を見下ろしています。
 鉄線入ガラスで余計なものが写り込みますが、模型目線で見る実車は新鮮です。

続きを読む "模型目線で実車を見る。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

都会モジュール 7

 ホームに各種パーツ類を取り付けます。
 まずは、ホームと屋根の分離から。
Dsc03579_2

Dsc03578_2
 パーツ類は、フラットシルバーとグレーの成型品。細かいシールが付いています。

続きを読む "都会モジュール 7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都会モジュール 6

 駅高架部分を塗装しました。

Dsc03575
 側壁部分は西武ベージュ、天井部分はねずみ色1号の缶スプレー。

続きを読む "都会モジュール 6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »