« 1972年の東北線 4 | トップページ | KATO EF65(F) »

1972年の東北線 途中経過

 1972年の東北線は、9時台から12時台までビデオ化しました。
 
 ビデオ化は、当時の列車を懐かしむために試したものですが、なんとか目的は達成できていると思います。

 しかし、課題も山積。
 まず、ヒガハスの細部を作りこまないとみっともない画像しか出来ない。垂直に立っていない架線柱の多いこと。
 モジュール同士の高さの不整合も調整が必要。

 車輌の整備もまだまだ不十分。
 特に旧型客車のサボ類を付けていないのは致命的です。
 さらには、TNカプラーの不調で脱線を繰り返す115系はKATOカプラーへの交換が必須。もっとも、ビデオで見てみると最後尾のクハの車体が傾いているのを発見。これがTNカプラーに干渉しているのかも。

 撮影面では、列車がこない時間をどう表現するかが問題。
 ビデオでは、次から次へと列車が来て飽きないけれども、現場では立て続けにやってきたり、20分近くも待ちぼうけという時間帯もある。この待ちぼうけの時間も表現しないと再現とはいえない。といっても、何も来ないヒガハスに向けてビデオを回し続けても面白いわけもなく。なんらかのアイデアが必要です。

 なにはともあれ、時系列でビデオを並べてみましたので、順を追ってご覧下さい。
 新型車両が台頭する中、旧型車輌もまだまだがんばっているころの様子が伝わりましたら幸いです。

9時台

10時台

11時台

12時台

|

« 1972年の東北線 4 | トップページ | KATO EF65(F) »

001 鉄道模景」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
こんばんわ、まもと申します。
東京喜多鉄道管理局さんのHPを通じてこちらにおじゃましました。

「1972年の東北線」とても興味深く拝見させていただきました。この年代はちょうど私の小学校4~5年生の時期にあたりまして、とても嬉しく思いました。

私自身小山に生まれ、小山に住んでおりまして、あの頃の小山駅といったらまさに天国でした。
これからもよろしくお願いします。

投稿: まも | 2010年5月24日 (月) 午後 10時11分

はじめまして。

 ヒガハスを通過する列車のうち、つくばねを除いて全て小山でも見られたわけですね。
しかも、両毛線の70系とか水戸線の401系まで見られたのですからまさに天国ですね。

 実は、父の実家が小山にありまして、小中学生のころはよく小山に行きました。まだC50が活躍しており、小山駅構内の入換をしているのを飽きもせず眺めておりました。

投稿: e231green | 2010年5月28日 (金) 午後 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/48374380

この記事へのトラックバック一覧です: 1972年の東北線 途中経過:

« 1972年の東北線 4 | トップページ | KATO EF65(F) »