« 485系1000番台の整備 3 | トップページ | 昔作ったプラモをもう一度 »

485系1000番台の整備 4

 皆様からのご指摘により、TOMIXの485系1000番台が、ほぼイラストマーク専用であることが判明し、いささかモチベーションさがり気味でございます。

 遅くなりましたが、昭和50年本予算および同年第1次債務により製造されたいわゆる1次車の資料が見つかりましたので、1次車とTOMIXのモハ484を比べてみます。

 資料は、鉄道ファン1976年8月号84ページ以下です。
Dsc03710


Dsc03711
 モハの2番目の窓の下がブレーキユニットです。全体がカバーで覆われていてるようです。

Dsc03712
 TOMIXのモハ=2次車と並べてみました。模型のブレーキユニットは、エアタンクのような円形のモールドが見えます。115系1000番台などでもこういうブレーキユニットが使われていたように思います。1次車のものは過渡期のものかもしれません。

 さて、一連の記事は485系1000番台を銀屋根にするなど簡単な工作をしようという趣旨で書きましたが、結局ユーザー取り付けパーツを取り付けて、ナンバーインレタを貼っておしまいになりそうです。

 おって、この記事はジャンルを実車に変更したいと思います。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« 485系1000番台の整備 3 | トップページ | 昔作ったプラモをもう一度 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/48675561

この記事へのトラックバック一覧です: 485系1000番台の整備 4:

« 485系1000番台の整備 3 | トップページ | 昔作ったプラモをもう一度 »