« 485系1000番台の整備 1 | トップページ | 485系1000番台の整備 3 »

485系1000番台の整備 2

 485系1000番台新製時の写真は、鉄道ファン1978年10月号にありました。

Dsc03684
 運転席上の屋根がピカピカですので、運用開始直後のものだと思います。ちなみに、運用の開始は1976年3月31日だそうです。
 側面は必ずしも鮮明ではありませんが、モハ484のクーラーと屋上機器は銀色の様です。その他はグレー。屋根そのものはピカピカの銀色です。

  ところで、つばさの写真を探しているうちに、あることに気づきました。 

 屋根の肩の部分と真ん中の部分の色合いが異なる485系と全く同じ485系の存在です。

 こちらは色合いの異なるもの。Dsc03685
 0(100)番台にも

Dsc03686
 200(300)番台にもあります。

Dsc03687
 一方こちらは色合いの同じもの。


 色合いの異なるやまばとは、クロが先頭ですので仙台運転所のもの。300番台先頭のひばりも3両目以降がキノコクーラーのようですし、最後尾がボンネットのように見えます。ということは仙台運転所所属。

 色合いが同じやまびこは、青森運転所所属。仙台運転所でやまびこの運用をもっていたのは昭和48年10月改正前まで。そのころ仙台に200番台はいませんでした。
 さて、この編成、1両目は200番台、2両目のサロは0番台ですが、屋根の肩の部分はおなじ色合いです。

 自動洗浄ブラシの形状が違うとこういうことになるのでしょうか。
 入場する工場の仕様なのか。仙台は郡山?、青森は土崎?

 謎は深まります。


続く

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« 485系1000番台の整備 1 | トップページ | 485系1000番台の整備 3 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。お気に入りに入れていつも拝見しております。

485系1000番台の新製直後の屋根(76~77年)を上野の歩道橋から撮影した写真(鉄道ファン誌の東北特急特集だと思いましたが号は忘れました)を見たことがありますが、AU13クーラーと屋根肩のRの「間」の部分(つまりベンチレーターの列部分)は一直線に明るい灰色で塗られておりました(作業員の通行の際の滑り止めの為か?)ところどころはジグザグになっていたかも。

それが屋根の汚れに伴い写真のように見えているのだと思います。なお、この塗装が全国の485系に共通のものであったのかまでは不明です。

投稿: 通行人 | 2010年6月10日 (木) 午後 11時34分

はじめまして。
貴重な情報ありがとうございます。
早速探してみます。

投稿: e231green | 2010年6月11日 (金) 午前 07時04分

こんにちは。私も485系の大ファンです。1000番台は発売後早速沢山購入しました。さて実車ですが,1975年~製造の一次車の屋根は銀屋根、1978年~2次車はビニール張りのグレーに変更になっています。TOMIXの1000番台は2次車ですから、グレーです。
小生の実車を見た記憶とほかの写真から、AU13クーラーのキセのグレーも2次車では屋根の色にあわせて、銀屋根のそれより濃くなっているようです。
個人的には屋根のグレー自体はまあまあ、ただしプラスチック感をとりたい、AU13クーラーはつやがあったはずなので、軍艦色2+光沢クリアで塗りなおしました。ただ集中クーラーは小生もまだ調査中です、他の485の屋根の色ですが、銀屋根がただ汚れたと割り切っています・・・
鉄道ファンの写真は2次車が出る前の特集です。とれいん 2005年8月号の485系特集がお勧めです。1000番台の差異はじめ、485系に関して詳しい情報が満載です。
(上記は私の印象も含まれていますので、あしからず)

投稿: 東北特急 | 2010年6月11日 (金) 午後 01時12分

こんばんは。再度書き込みいたします。
資料が見つかりました
鉄道ファン95年6月号「特集:上野特急エイジ」です。
お持ちでしたら53ページをご参照下さい。

一次車は銀屋根ですが、先日も述べた通りにベンチレーターの線上は明るい灰色の細いラインとなっております。つまり屋根の肩の部分と真ん中の部分の色合いが異なっているのはこれのせいではないか?と思うわけです。ちょうどこの部分に当たってますから。

言葉でなかなか説明出来ませんので是非写真を見ていただきたく思います。

投稿: 通行人 | 2010年6月11日 (金) 午後 09時02分

485系1000番台は1次車とそれ以降とで、屋根上や床下等の形状も随分違いますので、銀屋根にはしない方がよろしいかと思います。今回の模型は1次車ではありませんので、銀屋根の経験がありません。

投稿: | 2010年6月12日 (土) 午前 01時36分

 東北特急さん、情報ありがとうございます。
 東北特急さんの情報を元に、さらに調べてみました。 その結果を3にまとめましたので、お気づきの点などありましたら、ご指摘ください。

 なお、私は残念ながら「とれいん」誌はもっておりません。1次車と2次車で、サロが違うのは判ったのですが、そのほかの外観上の違いがありましたらご教示ください。

投稿: e231green | 2010年6月12日 (土) 午前 10時40分

 通行人さん、資料を調べていただきありがとうございました。なるほど、グレーのラインが入っていますね。
 今日までこのことは全く知りませんでした。485系は奥が深いですね。

投稿: e231green | 2010年6月12日 (土) 午前 10時42分

 匿名さん、アドバイスありがとうございます。
 銀屋根はあきらめて、イラストマーク専用車にしようかと思案中です。

投稿: e231green | 2010年6月12日 (土) 午前 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/48589893

この記事へのトラックバック一覧です: 485系1000番台の整備 2:

« 485系1000番台の整備 1 | トップページ | 485系1000番台の整備 3 »