« EF510500北斗星色 | トップページ | EF510500北斗星色 3 »

EF510500北斗星色 2

 実車同様、ガイシを緑色に塗ることにしました。

Dsc03763
 まずはパンタの取り外し。パンタとガイシは別パーツで、パンタ台の微細な脚で固定されてます。パンタは鶴首ピンセットなどでそっとパンタ台を押し上げてあげると外れます。

Dsc03764
 ガイシと高圧線を元に戻すときに困らないよう、写真を撮っておきます。


Dsc03767
 ガイシが外れないので、車体を取り外してみましたら、ガイシが一体化されていることが判明。これなら再組立も容易そうです。

Dsc03768
 屋根板をはずしました。導光パーツ、運転台ブロックを外す必要はありませんでした。

Dsc03769
 軟性のプラパーツなので塗料がのるかどうか、テストです。
 使用した塗料はGMの青緑1号。
 結論から言いますと、ピンセットなどでこすればはがれてしまいます。
 しかし、あまり手で触る部分でもないので、硬い物をぶつけないよう注意すれば大丈夫でしょう。

Dsc03770
 エアブラシで吹きました。

Dsc03771
 パンタグラフは、缶スプレーで一吹き。

Dsc03772_2
 ガイシの塗料がはがれないよう、気をつけて車体にセットしました。
 高圧線は、上方からガイシに押込むようにセットしますが、○で囲んだ部分だけ横からはめ込むようになっています。気づかず上方から押したため、この部分の塗料がはがれてしまいました。


 続いて動画といきたいところですが、暑くて小屋裏に行く気がしません。
 日が暮れて涼しくなったらカシオペアを引かせてやろうと思います。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« EF510500北斗星色 | トップページ | EF510500北斗星色 3 »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/48794819

この記事へのトラックバック一覧です: EF510500北斗星色 2:

« EF510500北斗星色 | トップページ | EF510500北斗星色 3 »