« トラックコレクション第7弾 | トップページ | ナックルに交換10 KATO20系客車 »

KATO 10-582 E127系100番台大糸線2両セット

 今春発表があり、もう発売になったE127系大糸線です。

Dsc03963
 素晴らしい出来栄えです。

 T車は、霜取りパンタのついたタイプで、車番はクモハ、クハとも109です。

Dsc03964

Dsc03966

 M車のセットのみの設定ですが、霜取りパンタなしのクハとトレーラー仕様のクモハの増結セットの設定があるともっと良かったと思います。

 私は以前マイクロエース製のE127系を所有しておりましたが、屋根のカーブがイメージと違っておりました。
Dsc06832
 こちらがマイクロエースのE127。なで肩すぎるように思います。また、ライト類もちょっと違うのではないかという疑問がありました。

 そしてKATO製はこちら。
Dsc03965
 KATO製の屋根形状はイメージどおり。ライト類の位置、大きさもイメージどおりです。
 さらには、テールライトと化粧版?の隙間まで表現しているように見えます。

Dsc03967
 これは、テールライトケースを車体でなく車内の遮光ケースと一体とした結果ですが、その表現がでしゃばっておらず、少し離れて見ますと判りません。
 私はあまり細かく作ると、離れて見たときに見えないはずのものが見えてしまって好ましくないと思っておりますが、今回のKATOさんの発想と技術力には恐れ入りました。

Dsc03968
 M車は連結面寄りの台車だけ駆動する最近の短編成のM車方式。
 ライトの0N0FFスイッチは、併結前提の車種にはありがたい設備です。

Dsc03969
 側面の種別表示は、車体に直接「信濃大町」が印刷されています。
 前面の種別表示は、「普通」がセットされていますが、別パーツでワンマンが入っています。

 最初にも書きましたが素晴らしい出来。来月の0番台も楽しみですし、いまだ発表はないものの701系への発展も期待したいところです。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« トラックコレクション第7弾 | トップページ | ナックルに交換10 KATO20系客車 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/49020382

この記事へのトラックバック一覧です: KATO 10-582 E127系100番台大糸線2両セット:

« トラックコレクション第7弾 | トップページ | ナックルに交換10 KATO20系客車 »