« ナックルに交換 13 KATOEF64 1000 | トップページ | 貨車整備 4 タキ12200の腰高対策 1 »

貨車整備 3 セメント専用車のカトーカプラー化

 先日、TOMIXのEF641000をナックルカプラーかした際、手元になかったスプリングをセメント専用車から失敬しました。
Dsc04055
 連結できないことを覚えているうちに、KATOカプラー化しました。

 KATOカプラー化は、黒タキのときのタキ35000同様、カプラポケットを逆転して取り付けました。

Dsc04053
 タキ5700の連結面間の狭さはピカイチ。渡り板同士で干渉しないか心配なくらいです。ただ作業がいいかげんで、カプラーが水平になっておらず、自然開放してしまう車輌がありますので、接着剤で固定した方がいいかもしれません。


Dsc04054
 タキ12200は、腰高ですし連結間隔もわずかに広い感じがしますので、車高の修正とカプラーをスーパーXでじか付けするかも。

 腰高対策はこちら

 連結間隔の続きはこちら

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« ナックルに交換 13 KATOEF64 1000 | トップページ | 貨車整備 4 タキ12200の腰高対策 1 »

340 貨車整備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/49264115

この記事へのトラックバック一覧です: 貨車整備 3 セメント専用車のカトーカプラー化:

« ナックルに交換 13 KATOEF64 1000 | トップページ | 貨車整備 4 タキ12200の腰高対策 1 »