« KATO 10-582 E127系100番台大糸線2両セット | トップページ | 壊れどきの今日このごろ »

ナックルに交換10 KATO20系客車

 1997年にリニューアルされた20系客車は、手を加えるところがないほど完成された出来栄えですが、編成端
 KATOカプラーはマイクロスカートと干渉するため、後退させられないようです。
Dsc03970

Dsc03971
 カプラポケットも車端ぎりぎりまで延びてきています。

Dsc03973
 カモメ用ナックルカプラーに交換しても同じです。

 

Dsc03974
 CSナックルカプラー(Z01-0282)を使ってみました。カプラポケット後部を削って、カプラーが入るように加工し、アーノルトカプラー用のスプリングを半分にして組み込みました。

Dsc03975
 若干低いようですが、見映えは改善しました。しかし、自動連結はいまいち。いくら見映えが良くても機能を殺してしまっては何にもなりません。

 もう少しいじくって、より良い方法を探してみます。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« KATO 10-582 E127系100番台大糸線2両セット | トップページ | 壊れどきの今日このごろ »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

US ではなく CSですか? 今度探して見ます ナックルのボディマン伸縮ってないのでしょうかね~ 密着と なんだか変なナックルの伸縮は見かけるのですが それが有るといいのにと思うのですが・・・ それより カニ22なんて製品があったんですね~ 随分と長い間離れて居たものでしらないことばかりです(^^;)

投稿: トータン | 2010年8月 3日 (火) 午後 12時45分

トータン様、毎度毎度のカメレスで申し訳ありません。

ナックルカプラーもいろいろあって訳が分かりませんね。

カニ22はさくらセットに入っておりました。
昔では考えられなかった形式が結構製品化されております。

投稿: | 2010年8月 6日 (金) 午後 05時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/49033861

この記事へのトラックバック一覧です: ナックルに交換10 KATO20系客車:

« KATO 10-582 E127系100番台大糸線2両セット | トップページ | 壊れどきの今日このごろ »