« 貨車整備 5 タキ12200の腰高対策 2 | トップページ | 貨車整備 7 タキ12200の腰高対策 4 »

貨車整備 6 タキ12200の腰高対策 3

 帯板を貼って台枠を厚く見せかける件は、0.75mmの帯板を調達して試してみました。

Dsc04082
 昨日の試作品。台枠とツライチに貼り付けたものです。フラットブラックで塗りつぶして色調の違和感をやわらげています。

Dsc04080
 0.75mmの帯板をステップの後ろ側に貼りました。

Dsc04081
 1.09mmの帯板をステップの後ろ側に貼りました。


Dsc04083
 3両並べて、効果のほどを比較します。いずれの車輌も右側の台枠に施工しています。
 アップでは見苦しいですが、少し離れれば台枠が厚いように見えてきます。
 車輪がどれくらい隠れるかがポイントになりましょう。一番右の1.09mmをステップの後に貼るのが良いように思います。

 そういえば、大昔、KATOのC62のキャブと従台車の間の空間の見苦しさを、ブラバンを1枚はることで改修する例が掲載されていたのを思い出しました。

続く

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« 貨車整備 5 タキ12200の腰高対策 2 | トップページ | 貨車整備 7 タキ12200の腰高対策 4 »

340 貨車整備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/49296878

この記事へのトラックバック一覧です: 貨車整備 6 タキ12200の腰高対策 3:

« 貨車整備 5 タキ12200の腰高対策 2 | トップページ | 貨車整備 7 タキ12200の腰高対策 4 »