« EF15の整備 | トップページ | 貨車整備 10 ホキ9800のカトーカプラー化 »

貨車整備 9 ワキ5000のカトーカプラー化

Dsc04138
 ワキ5000をナックルカトーカプラー化します。
 いままでとは、加工内容がちょっと違います。

Dsc04139
 是非とも改善したい連結間隔です。

Dsc04140
 広すぎる連結間隔とは裏腹に、カプラポケットが車軸ぎりぎりの位置にあります。
 カプラ取り付け位置を最大限後退させたけれども、上記の連結間隔になってしまうということです。
 同時に、カプラポケットを前後逆転させて取り付けるこれまでの加工方法では、カプラポケットが車軸に干渉しますので、最後に一工夫します。

Dsc04145_2
 まずは、カトープラーのお尻の部分をカットします。

Dsc04142
 分解して加工しました。ここまではホキ10000の例と同じです。

Dsc04147
 車軸との干渉を防ぐため、カプラポケットの後ろ側をカットしてしまいます。

Dsc04149
 台車に組み付けました。意外にしっかりと固定されました。

Dsc04146_2
 ここまで狭くなりました。というか、こんなに狭くて大丈夫なのかと心配になります。

Dsc04148
 大丈夫でした。なんとかぎりぎりで車体同士の接触が回避されています。
 しかし、実感的な連結間隔が実現できるようになると、車種によって連結間隔が異なることが気になってきました。欲望は留まるところを知りません。


続く


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« EF15の整備 | トップページ | 貨車整備 10 ホキ9800のカトーカプラー化 »

340 貨車整備」カテゴリの記事

コメント

確かに!この様な連結間隔にしてしまうと実感的で好ましいですね 他の車輌の連結間隔まで気になってきますよね~特に貨物は連結間隔が広いので・・・・
この間隔でS字は大丈夫なのでしょうか?Rはどのくらいまで可能なのでしょうか 是非とも真似てみたいです この様にボギー車の台車マウントは いいのですが2軸車のボディーマウントの加工以前にやったのですが上手く行きませんでした なんとか誤魔化して使っている感じです USナックルが良いと聞きましたが どこに行っても無いようです 

投稿: トータン | 2010年9月 7日 (火) 午前 12時02分

トータンさん。
 写真のカーブはTOMIXのR243です。
 Sカーブでも問題ありません。
 2軸貨車でも河合製はカトーカプラーのお尻を削るだけで取り付けられると思います。
 この後2軸貨車に着手する予定ですので、結果をお知らせします。

投稿: e231green | 2010年9月 7日 (火) 午前 10時03分

私もいろいろとカプラーの改造を試してみました。
貨車の場合トミックスカプラー{0393)ならばほとんど
無改造で組み込めると思うのですが、何故カトーカプラー
にこだわるのですか?
私は、見た目も好きでトミックスカプラーに改造しています。
カトーカプラーの利点をおしえてください。
よろしくお願いいたします。

私も、いろいろカプラーの改造をやりました。

投稿: adolfyoshi | 2011年4月29日 (金) 午後 02時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/49350643

この記事へのトラックバック一覧です: 貨車整備 9 ワキ5000のカトーカプラー化:

« EF15の整備 | トップページ | 貨車整備 10 ホキ9800のカトーカプラー化 »